« 昼下がりSP・デュオ盤特集・8 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・68 »

2015年10月27日 (火曜日)

マッコイのラテン・ジャズ

マッコイ・タイナー(McCoy Tyner)は、今やレジェンドの域に達したジャズ・ピアニスト。ジョン・コルトレーンの伝説のカルテットに所属し、コルトレーン亡き後は、コルトレーン・ミュージックを継承し、1970年代、絶大なる人気を獲得した。

しかし、1980年代に入って、純ジャズ復古の号令がかかると、新伝承派の若手ミュージシャンの勢いに押されて、その名前は一気にかき消されたかに見えた。が、ところがどっこい、1990年代、少しずつ復活の狼煙を上げつつ、今では、ジャズ・レジェンドの一人として、堅実に活動を続けている。

このアルバムなんか、そんなマッコイ・タイナーの多才な部分を良く表している。1998年7月の録音になる。翌年の3月にリリースされている。そのアルバムとは『McCoy Tyner and the Latin All-Stars』(写真左)。マッコイ・タイナーって結構器用なピアニストで、このアルバムではラテン音楽にチャレンジしている。

加えて、マッコイってアレンジの才能がある。このアレンジの才能を最大限に発揮したアルバムがこれである。ラテン音楽のアレンジで様々な曲を料理する。特に、3曲目のあのコルトレーンの演奏で有名な「Afro Blue」をラテン音楽のアレンジで、純ジャズ基調で聴かせてくれる。
 

Mccoy_tyner_and_the_latin_allstars

 
このアルバム全体の雰囲気は、ラテン音楽のフレイバーでありながら、どこか地に足着いて落ち着いた雰囲気が「大人の味」である。そう、このアルバム、タイトルだけ見て敬遠したら勿体ない、マッコイのアレンジの才能溢れる、ラテン・フレイバーなメインストリーム・ジャズなのだ。

といって、ラテンのリズムがガンガンに溢れた「大盛り上がり大会」風な演奏では無い。リズム&ビートが軽妙にアレンジされ、全体的に落ち着いた雰囲気が実に「大人」である。

ラテン・フレイバーなジャズだったら、もっとガンガンにやれば良いのに、という向きもあるが、マッコイのあの「ハンマー奏法」の様な左手ガーン・ゴーン、右手は超絶技巧な高速シーツ・オブ・サウンドで、ガンガンなラテンジャズをやったら、五月蠅くて仕方が無いではないか(笑)。

いや〜、本当に趣味の良い、粋なラテン・ジャズです。マッコイって本当に器用なピアニストだ。その器用さが決して鼻につかない、説得力のある器用さなのだから、これはもう聴き応え十分です。そう、ジャズ者よ、アルバム・タイトルと派手なジャケットに惑わされことなかれ、です。

 
 

震災から4年7ヶ月。決して忘れない。まだ4年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 昼下がりSP・デュオ盤特集・8 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・68 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッコイのラテン・ジャズ:

« 昼下がりSP・デュオ盤特集・8 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・68 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー