最近のトラックバック

« マッコイのラテン・ジャズ | トップページ | こんなアルバムあったんや・51 »

2015年10月28日 (水曜日)

ジャズ喫茶で流したい・68

ヴァイブの音が好きだ。幼稚園の頃からヴァイブが好きで、実は結構弾けたりする。ヴァイブと言えば、ミルト・ジャクソンで決まり、なんだが、これが中々、ジャズを聴き進めて行くと、ジャズ・ヴァイブも奥が深い。

例えば、レム・ウィンチェスター(Lem Winchester)。1958年、ジャズ・シーンに登場し、その新しい響きを宿したヴァイブは魅力的。しかし、さあこれから、と言う時に、ロシアン・ルーレットによる拳銃事故で、わずか3年程度の活動期間だけで鬼籍に入ってしまいました。なんと不運なヴァイブ奏者であることか。

わずか3年の活動期間ですから、レム・ウィンチェスターがヴァイブを演奏した音源はかなり限られていて、その個性や特徴が理解出来る機会が少ない訳ですが、このアルバムがあってラッキーと言えばラッキーでしょう。このアルバムはなかなか良いですよ。そのアルバムとは・・・。

Lem Winchester『Another Opus』(写真左)。ちなみにパーソネルは、Frank Wess (fl), Lem Winchester (vib), Hank Jones (p), Eddie Jones (b), Gus Johnson (ds)。1960年6月の録音。フランク・ウエスのフルートとハンク・ジョーンズのピアノの存在が目を惹く。

そう言えば、ドラム以外は、ミルト・ジャクソンの名盤『Opus De Jazz』と同じ。ちなみにドラマーがガス・ジョンソンなのは、『Opus De Jazz』でドラマーを勤めたケニー・クラークが、とうの昔にヨーロッパに渡ってしまっていたから、とのこと。なるほど。
 

Another_opus

 
さて、タイトルからして、ミルト・ジャクソンの名盤『Opus De Jazz』をバリバリに意識しているのが「みえみえ」で、実に微笑ましいですね。ウィンチェスターのヴァイブは明らかにミルトの影響を受けているのですが、シンプルで粘りの無い、あっさりとして硬質な音が個性です。テクニックはミルトと同等。粘りがあるのがミルト、あっさりとシンプルで硬質なのがウィンチェスター。

収録されたどの曲でも、実に気持ちよさそうに、爽快感溢れるヴァイブのソロを聴かせてくれます。本当に早逝が悔やまれますね。もっと生きていれば、結構な量の好盤を量産したんやないですかね〜。十分にウィンチェスターのヴァイブの個性が確立されていたことが理解出来ます。

それから、このアルバムでは、フランク・ウエスのフルートが秀逸。実にエモーショナルでありながら、滑らかでメロディアスなフルートを聴かせてくれます。ほわっとラウンドのある爽やかなフルートの音の塊が、あっさりとシンプルで硬質なウィンチェスターのヴァイブと相まって、実にイマジネーション溢れる音世界を創り上げています。

ハンク・ジョーンズの燻し銀ピアノのバッキングも味があって心地良い。前へでしゃばることは決して無いが、それでいて、要所要所での存在感は抜群。ジャズでの存在感は音の大きさやないね。粋なフレーズ、粋なタッチやね。

サイドメンのサポートも溌剌としていて良好、レム・ウィンチェスターのヴァイブの素性の良さが楽しめる好盤です。レム・ウィンチェスターのヴァイブに触れ愛でるのに一番相応しい好盤でしょう。

 
 

震災から4年7ヶ月。決して忘れない。まだ4年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 
 

« マッコイのラテン・ジャズ | トップページ | こんなアルバムあったんや・51 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/62258160

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・68:

« マッコイのラテン・ジャズ | トップページ | こんなアルバムあったんや・51 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ