« チックの個性と特質の全てを集約 | トップページ | 円熟「ビル・エヴァンスに捧ぐ」 »

2015年10月 8日 (木曜日)

こんなアルバムあったんや・50

1960年代以降、ジャズの世界で、米国ポップスやロックの有名曲をカバーすることが多くなった。代表的なのは「ビートルズ」。1964年2月の米国上陸の前後から、猫も杓子もビートルズをカバー、ってな状況になったようで、結構な数のビートルズ・カバー集が出ている。

他には、エルトン・ジョン、ジョニ・ミッチェル、レッド・ツェッペリン、キャロル・キングなどがジャズでカバーされているが、ビートルズが圧倒的である。で、今回「こんなカバーあったんや」とビックリしたのが、サイモン&ガーファンクルの楽曲のカバー集。

Paul Desmond『Bridge Over Troubled Water』(写真左)。1969年の録音。サイモン&ガーファンクルの人気がピークの頃のリリースである。ちなみにパーソネルは、Paul Desmond (as), Herbie Hancock (el-p), Ron Carter (b), Jerry Jemmott (b), Airto Moreira, Bill Lavorgna, Joao Palma (ds), Gene Bertoncini, Sam Brown (g)。Don Sebeskyのアレンジである。

アルバム・タイトルが、サイモン&ガーファンクルの名曲「明日に架ける橋」である。でも、だからと言って、このアルバムが全編に渡って、サイモン&ガーファンクルのカバー集になっているなんて思ってもみない。「へぇ〜、デスモンドもちょっと変わったカバー曲を演奏するんやな」と、僕は最初、この「明日に架ける橋」は、アルバム収録曲の中の1曲だと思っていた。

なので、このアルバムには全く触手が伸びず、21世紀になっても暫く触手が伸びず、何時だったか、このアルバムの内容をネットで確認するに至り、思わず「何だこのアルバムは」。ちなみに収録曲は以下の通り。

  1. El Condor Pasa
  2. So Long, Frank Lloyd Wright
  3. The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)
  4. Mrs. Robinson
  5. Old Friends
  6. America
  7. For Emily, Whenever I May Find Her
  8. Scarborough Fair/Canticle
  9. Cecilia
10. Bridge over Troubled Water

 

Paul_desmond_bridge_over_troubled_w

 
ふぇ〜、サイモン&ガーファンクルの楽曲の有名どころがズラリ。僕はサイモン&ガーファンクルの楽曲については、かなり精通しているつもりなんだが、サイモン&ガーファンクルの楽曲って、ジャズでカバーできるのだろうか。

「America」なんて名曲中の名曲だが、これってジャズになるのか。「Scarborough Fair」ってどうやってジャズにするのか。「So Long, Frank Lloyd Wright」や「Old Friends」なんて思いっきり渋い曲もあるが、これも、どうやってジャズにアレンジするのか。とにかく興味津々、とにかく期待感大。

で、聴いてみると、やっぱりちょっと苦しいなあ。ドン・セベスキーが必死にアレンジしている様子が手に取るように判るが、残念ながら成功しているとは思えない。滑らかでウォームなアルトが売りのデスモンドも、カクカクして実に吹きにくそう、窮屈そう。全くスイングしていないし、ジャズならではの流麗さがかなり損なわれている。

う〜ん、エレピのハービー、ベースのロンの参加も影が薄いし、アイアート・モレイラをはじめとするリズム隊も存在感が薄い。豪華なパーソネルな割に、特徴の無い、ふつ〜な演奏に終始しているのが惜しい。

はっきり言って、このアルバムは凡作に近い。でも、そのチャレンジ精神には拍手を送りたい。なおざりに流されるまま適当に売りやすいビートルズの楽曲をカバるよりは、ずっと高尚だし、ずっと志が高い。確かにこのアルバムでは苦戦しているが、もうちょっと工夫すれば、もしかしたら上手くいくのでは、とも思える部分もある。

今一度、このサイモン&ガーファンクルの楽曲をジャズでカバーする「剛のアレンジャー」、誰かいませんかね〜。

 
 

震災から4年6ヶ月。決して忘れない。まだ4年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« チックの個性と特質の全てを集約 | トップページ | 円熟「ビル・エヴァンスに捧ぐ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・50:

« チックの個性と特質の全てを集約 | トップページ | 円熟「ビル・エヴァンスに捧ぐ」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー