« ジャズ喫茶で流したい・67 | トップページ | 昼下がりSP・デュオ盤特集・6 »

2015年9月19日 (土曜日)

フュージョンのマイニエリ

フュージョン・ジャズの伊達男、フュージョン・ジャズの仕掛人のマイク・マイニエリ(Mike Mainieri)。彼のフュージョン・ジャズ全盛時代の演奏ってどんなものだったのでしょう。それを追体験出来る格好のライブ音源があります。

Mike Mainieri『Live At Seventh Avenue South』(写真左)。1981年のライブ音源です。ちなみにパーソネルは、Mike Mainieri (vib), Bob Mintzer (ts,b-cl), Warren Bernhardt (key), Eddie Gomez (b), Omar Hakim (ds) 。フュージョン・ジャズらしからぬ、良いメンバーですね〜。

マイニエリの仕掛けたフュージョン・ジャズ・バンド「ステップス」のメンバーから、マイニエリとゴメスの二人。アリスタ・オールスターズの『Blue Montreux1&2』や、同じ1978年のモントルー・ジャズ・フェスでのマイニエリとのデュオ『Free Smile』で素晴らしいキーボードを聴かせてくれたバーンハート、実力派テナーマンのミンツァー、そして、新進のドラマーのハキム。

冒頭のマイニエリの有名曲「Tee Bag」から、ソフト&メロウが身上の当時のフュージョン・ジャズからは想像出来ない、気合いの入った、ガッツのある演奏にハッとします。良いですね〜、上質なフュージョン・ジャズな演奏です。ミンツァーのテナーが純ジャズっぽくて良いですね。フュージョン・ジャズな曲を純ジャズの雰囲気でインプロする。雰囲気があって良い演奏です。
 

Seven_avenue_south

 
特に、リーダーのマイニエリのヴァイブの演奏が何時になくガッツがあって良い。「Song For Seth」におけるマイニエリのソロは圧巻。超絶技巧、歌心満点の素晴らしいインプロビゼーションが展開されます。途中から無伴奏の演奏になるのですが、マイニエリの気迫に満ちた演奏にはビックリです。

いや〜、やはり、通常はフュージョン界の「ちゃら男」的存在のマイニエリですが、その気になって気合いを入れれば、素晴らしいヴァイブを披露してくれます。やれば出来るやんマイニエリ。やはり、彼は只者では無かった。良かった(笑)。

しかし、この音源は1981年のもので、それから15年、1996年になって陽の目を見た訳ですが、よくこれまで出来の良いライブ音源を放っておいたものです。きっと誰かがこの音源を聴いて、その内容が素晴らしくて、発売されることになったんでしょうね。まあ、発売されて良かった。

フュージョン・ジャズには、こういった内容のあるライブ盤がまだまだ眠っているような気がします。純ジャズの世界は一通り、未発表音源の発掘が終わったんですが、フュージョン・ジャズも未発表音源の発掘作業、やって欲しいですね。きっとお宝音源が出てくると思うんですが、どうでしょうか。

 
 

震災から4年6ヶ月。決して忘れない。まだ4年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ喫茶で流したい・67 | トップページ | 昼下がりSP・デュオ盤特集・6 »

コメント

初めまして。
ジャズについて検索していたらこのサイトに辿り着きました。どの記事も面白く拝見させていただいてます。どれを聞いてみても、奥が深い…!

最近行った四ツ谷のジャズバー「いーぐる」で聞いたDhafer Youssefがすごく良いと思ったので、一度聞いてみていただきたいです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フュージョンのマイニエリ:

« ジャズ喫茶で流したい・67 | トップページ | 昼下がりSP・デュオ盤特集・6 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー