« 目から鱗な英国フュージョン | トップページ | あくまで「ウエスの異色盤」 »

2015年9月12日 (土曜日)

ポップな米国ロックな音作り

1970年代後半から1980年代前半に活躍したロック・バンドの紹介文によくあるパターンが「ジャーニーやボストン、TOTO、ヴァン・ヘイレンらと並び人気を得た」。ジャーニーもボストンもTOTOもヴァン・ヘイレンも、お互いに全く音楽性が異なるバンドなんだが、なぜか一派一絡げで語られることが多い。嘆かわしいことである。

さて、そんな中、今日はTOTOのお話しを。TOTOと言えば、1977年にロサンゼルスでスタジオミュージシャンをしていたデヴィッド・ペイチとジェフ・ポーカロ を中心に結成された、米国ロックバンドである。

ユニゾン&ハーモニーが美しく、ソロ部もエコーが効果的にかかっていてAOR的な響きが聴き心地満点、という部分は、確実に「ジャーニー(Journey)」に被る。しかし、TOTOには、クロスオーバー・ジャズとプログレッシブ・ロックを融合した様な音作りは全く無い。

当時から、ユニゾン&ハーモニーが美しく、ソロ部もエコーが効果的にかかっていてAOR的な響きが聴き心地満点という共通点だけで、ジャーニーとTOTOは同列で語られることが良くあった。確かに、ユニゾン&ハーモニーが美しいボーカルが出てきて、AOR的な響きが聴き心地満点という演奏内容な曲が流れると、ジャーニーなのかTOTOなのか判別するのに苦労したことが多々あった。

しかし、TOTOの楽曲はジャーニーの楽曲と比して、その志向、趣向は全く異なる。ずばり、TOTOは米国のロック・バンドである。米国ロックのベースとなる、R&Bやロックンロールにある、ファンクネスやノリの良いリフをバンド演奏の中心に据え、AOR的な響きを加味した、ポップな米国ロックな音作りが個性である。

デビュー盤の『TOTO(邦題:宇宙の騎士)』(写真左)から、セカンド盤の『HYDRA(ハイドラ)』(写真右)の2枚を聴けば、その個性は十分に確認することが出来る。
 

Toto_hydra

 
しかし、デビュー盤の邦題『宇宙の騎士』とは何たる邦題なのか。ジャケット・デザインを見て、そのままの印象を邦題にしたとしか考えられない安直なアプローチ。まあ、それだけ、TOTOの音世界は、当時のレコード会社や評論家からストレートな理解を得られてはいなかったから、仕方の無いことか。

このデビュー盤『TOTO』から、既に、ユニゾン&ハーモニーが美しく、ソロ部もエコーが効果的にかかっていてAOR的な響きが聴き心地満点ではあるが、R&Bやロックンロールにある、ファンクネスやノリの良いリフをバンド演奏の中心に据えた、ポップな米国ロックな音作り、が顕著である。

逆に、R&Bやロックンロールにある、ファンクネスやノリの良いリフをバンド演奏の中心に据え、AOR的な響きを加味した、ポップな米国ロックな音作りが故に、他の先行する米国ロック・バンドとの差異化要素が見出し難く、セールス的には伸び悩んだ、という事実はある。確かに、他の米国ロック・バンドと比較した場合、ユニゾン&ハーモニーが美しく、という部分にしか、差異化要素が見出せない、という弱点はあったことは否めない。

セカンド盤の『HYDRA(ハイドラ)』で、そのTOTOの個性はさらに明らかになる。そういう意味で、このセカンド盤『HYDRA(ハイドラ)』は、TOTOにとって代表盤の一枚ではある。しかし、先に指摘した他の先行する米国ロック・バンドとの差異化要素が見出し難く、セールス的には伸び悩んだ、という弱点は克服されずにいる。

この弱点が克服されるのには、あと2枚のアルバムの登場が必要になる。結論から言えば、1982年のリリースである『TOTO IV(邦題:TOTO IV〜聖なる剣〜)』で、その弱点が一気に克服されるのだが、そのお話はまた後日。それではまた・・・。

 
 

震災から4年6ヶ月。決して忘れない。まだ4年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 目から鱗な英国フュージョン | トップページ | あくまで「ウエスの異色盤」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポップな米国ロックな音作り:

« 目から鱗な英国フュージョン | トップページ | あくまで「ウエスの異色盤」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー