« ドラマーがリーダーの盤って・4 | トップページ | プログレ・ロック的なAORです »

2015年9月 5日 (土曜日)

カールトンのスムース・ジャズ

1970年代後半から1980年代前半に渡って、フュージョン・ジャズが流行した。フュージョン・ジャズとは、基本的にはエレクトリック楽器がメインで、ジャズを基調にロックやラテン音楽、R&B、電子音楽などを融合(フューズ)させた音楽のジャンルである。

そして、このフュージョン・ジャズは、更に1980年代後半以降、融合(フューズ)から演奏の雰囲気に重心を変えつつ、リズム&ビートは「打ち込み風」で、聴き心地の良いハイテクニックな「フュージョン・ジャズ」がメインとなる。「スムース・ジャズ」の出現と流行である。

ここバーチャル音楽喫茶『松和』においては、1970年代から1980年代のフュージョン・ジャズの演奏の雰囲気を踏襲したアルバムは「フュージョン・ジャズ」、リズム&ビートは「打ち込み風」で、聴き心地の良いハイテクニックな演奏を基本としたものを「スムース・ジャズ」と聴き分けている。

それでは「スムース・ジャズ」の好盤とはいかなるものか、という問いにお答えしたい。まずはこのアルバムを。Larry Carlton『Fingerprints』(写真左)。2000年のリリース。リーダーのLarry Carlton(ラリー・カールトン)は、1970年代のフュージョン・ジャズの代表的ミュージシャンの一人で、フュージョン・ジャズ・ギタリストのレジェンドである。

そんな彼がこのアルバムでは「フュージョン・ジャズ」では無い「スムース・ジャズ」を物にしている。冒頭のタイトル曲を聴けば、このアルバムの雰囲気が良く判る。クールな「打ち込み風」のリズム&ビート、アーバンでクールなエレギの響き、ジャジーではあるがファンクネスを極力排除した様な、クリスタルなフレーズ。
 

Fingerprints

 
とにかく聴き心地は満点です。クールでクリスタルで包み込むようなエコーが、その聴き心地を増幅します。そして、これまた、ラリー・カールトンのエレギの響きが、エレギのフレーズが聴き心地満点なんですね。
 
つまり、主役は当然ですが、リーダーのカールトンのエレギで、その他はバックの惹き立て役なんですね。だから、リズム&ビートはクールで「打ち込み風」の方が良いということ。

スムース・ジャズは、フロントのメインの楽器を全面的に押し出して、聴き心地を最大限に追求した演奏スタイルなんだなあ、ということが良く判ります。繰り出されるアドリブ・フレーズも印象的な聴き心地の良いものばかりで、BGM風に流し聴くについてもピッタリの音です。

演奏内容はハイテクニックを基本として、とても高度なもの。破綻など全く無縁、しっかりと準備され練られた「錬金術」の様な音作りはとてもクールです。このクールさが、スムース・ジャズの重要ポイントですね。音楽として聴いていて楽しい雰囲気で、スムース・ジャズというものがよく理解出来ます。

ラリー・カールトンは、フュージョン・ジャズ・ギタリストのレジェンドとして、1970年代から1980年代のアルバムばかりが紹介され、推薦されますが、21世紀になった現在も、フュージョン&スムース・ジャズ・ギタリストのレジェンドとして、なかなかの内容のアルバムをリリースし続けています。もっと注目してもよいのでは、と思います。

 
 

震災から4年5ヶ月。決して忘れない。まだ4年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ドラマーがリーダーの盤って・4 | トップページ | プログレ・ロック的なAORです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カールトンのスムース・ジャズ:

« ドラマーがリーダーの盤って・4 | トップページ | プログレ・ロック的なAORです »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー