最近のトラックバック

« 雨の日には爽快な純ジャズを | トップページ | 目から鱗な英国フュージョン »

2015年9月10日 (木曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・47

そろそろ僕は、このピアノ・トリオとしっかり対峙し、しっかりとした結論を出さなければならない、と思っている。そうしないと、しっかりとした結論を出さない間に、あの世に行ってしまいそうな気がする。

初めて聴いたのが1983年。社会人2年生の時。とても忙しい中、この人のピアノ・トリオはしっかりと着目し、しっかり聴き込んだ。そのピアノ・トリオとは「キース・ジャレットのスタンダーズ・トリオ」である。メンバー構成は、Keith Jarrett (p), Jack DeJohnette (ds), Gary Peacock (b)。 

それまでのメインストリーム・ジャズの歴史の中には、全く無い「トリオの音」。ほとんどファンクネスを感じる事無く、クラシック・ピアノの様な、カッチリとしたクリスタルな流麗なピアノのフレーズ。その流麗なピアノを損なうこと無く、これまたカッチリとした破綻の無いモーダルなリズム&ビート。

恐らく、キースは、自らが伝説となった時、自らのスタイルがピアノ・トリオのスタンダードなスタイルとなることを強く望んだのだろう。唯一無二、誰かのフォローを想起させるような音は全て排除し、キースの出す音が「キースのスタイル」であり「ピアノ・トリオのスタンダードなスタイル」。

そのキースならではの、キースしか弾かない「キースのピアノ・トリオのスタイル」を強く感じさせてくれるライブ盤がある。そのライブ盤とは、Keith Jarrett『Standards Live』(写真左)。1985年7月の録音。スタンダーズ・トリオの初のライブ音源である。
 

Standards_live

 
冒頭の「Stella by Starlight」と3曲目の「Falling in Love with Love」を聴けば、そのキースならではの、キースしか弾かない「キースのピアノ・トリオのスタイル」が良く理解出来る。クラシック・ピアノの様な、カッチリとしたクリスタルな流麗なピアノのフレーズ。リリシズムの塊である。

この超スタンダードな2曲を聴けば、キースはナルシストだと感じる。自らのピアノ・トリオ演奏に聴き入り、感じ入り、恍惚とするキースの様子が見え隠れする。キースは自らのピアノが美しいと感じ、自らのフレーズが美しいと思い、自らの唸り声ですらセクシーだと感じる。キースには、自らのピアノ・トリオだけが最高であり、美しい存在なのだ。

キースが考案し、キースの美意識を強く反映し、美意識を形にしたものが、このスタンダーズ・トリオの音なのだ。しかも、スタンダード曲を演奏するピアノ・トリオとして、リーダーの位置づけを自認している。それが証拠に、聴いたことも無い「スタンダード曲」を発掘し、キースのスタンダーズ・トリオだけが演奏する。

ジャズの歴史の中で、このキースのスタンダーズ・トリオだけが突出した「孤高の存在」である。前にも後にもフォローしたり、フォローされたりすることは無い。というか、フォローしたり、フォローされたりすることを絶対に否定する。誰が何と言っても「絶対に否定する」。キースのとっては、このキースの美意識の塊のスタンダーズ・トリオは「孤高の存在」でなければならないのだ。

このKeith Jarrett『Standards Live』は、先ずはスタンダーズ・トリオの代表作の一枚。先ずは、このライブ盤を聴きながら、キースの考える、キースの美意識の塊であるスタンダーズ・トリオを体感し、実感するのだ。

 
 

震災から4年6ヶ月。決して忘れない。まだ4年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 雨の日には爽快な純ジャズを | トップページ | 目から鱗な英国フュージョン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/61552042

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・47:

« 雨の日には爽快な純ジャズを | トップページ | 目から鱗な英国フュージョン »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ