最近のトラックバック

« ドラマーがリーダーの盤って・2 | トップページ | ドラマーがリーダーの盤って・4 »

2015年9月 3日 (木曜日)

ドラマーがリーダーの盤って・3

ジャズ・ドラマーって、バックに控えて、しっかりとバンド全体の演奏を支えるって役割があるので、そういう意味では、バンドのリーダーとしての役割がピッタリと当てはまる、と言って良い。

その一番の好例が、アート・ブレイキー(Art Blakey)だろう。ジャズ・メッセンジャーズを率いるリーダーであり、このメッセンジャーズを母体に、若手の有望株を育てていくという「道場」の様な役割を果たしている。なるほど。バンドのリーダーとしての役割がピッタリである。

そのアート・ブレイキーの役割にあやかろうとしたのか、第2のアート・ブレイキーになろうとしたのか、1970年代後半から1980年代初頭におけるジャック・デジョネット(Jack DeJohnette)のリーダー作には、そんな雰囲気が見え隠れする。

とにかく、デジョネットはバンドを組みたがった。ギタリストのジョン・アバークロンビーと組み、ディレクションズ、ニュー・ディレクションズの2つのグループで活動し、レスター・ボウイ、ディヴィッド・マレイらとのスペシャル・エディション、どれもが、当時の隠れた有望株のメンバーをピックアップしてのバンド運営だった。

でも、長続きしないんですよね〜。基本的にポップな純ジャズ路線をとること無く、限りなくフリーな当時最先端の純ジャズ路線を採用したので、大衆には受けなかったことが大きな理由だろう。フリーが大好き、モードが大好き、というマニアックなジャズ者には受けに受けたが、それはごく一部のジャズ好きに過ぎなかった。
 

New_directions

 
でも、演奏する音の内容は素晴らしいものがありましたね。例えば、このJack DeJohnette『New Directions』(写真左)などはその好例でしょう。1978年6月の録音。ちなみにパーソネルは、Jack DeJohnette (ds, p), John Abercrombie (g), Lester Bowie (tp), Eddie Gómez (b)。

メンバーのデジョネットとボウイ、アバークロンビー、ゴメスはもうこのアルバムを録音した時点で、30歳代半ばなので、ジャズの世界でも中堅。バンドの中で、若手の有望株を育てていく、という雰囲気では無い。しかし、ここではレスター・ヤングという、ちょっと遅れてきた、先鋭的なフリーでモーダルなトランペッターを大きくフィーチャーしている。

アルバム全体の内容的には、完璧にフリー、かつモーダルな演奏に終始する。もともとデジョネットは、モーダルなジャズのバッキングを得意とする。そういう意味では「ぴったり」な役回りである。但し、ギターのアバークロンビーとベースのゴメスはどうなんだろう。フリーもモードもいけるが、もうちょっとポップなジャズやフュージョンの方が合うのではないか。

逆に、フィーチャーされているレスター・ボウイはフリーからモード向けの、アグレッシブなトランペッター。限りなくフリーな当時最先端の純ジャズ路線にピッタリ。このアルバム、デジョネットとボウイのデュオでも良かったのでは無いか、とも思う。

ドラマーがリーダーの役割がちょっと不明瞭になったアルバムではあるが、内容的には1970年代後半の最先端の純ジャズの雰囲気濃厚で、聴き応えはあります。まあ、ポップス性には欠けるんで、ジャズ者一般万民向けとは言えないところが玉に瑕ですね。

 
 

震災から4年5ヶ月。決して忘れない。まだ4年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ドラマーがリーダーの盤って・2 | トップページ | ドラマーがリーダーの盤って・4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/61451599

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマーがリーダーの盤って・3:

« ドラマーがリーダーの盤って・2 | トップページ | ドラマーがリーダーの盤って・4 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ