最近のトラックバック

« あくまで「ウエスの異色盤」 | トップページ | キースの多面性を追体験する »

2015年9月14日 (月曜日)

アメリカン・カルテットの第1弾

1970年代のキースは、ソロピアノと並行してカルテットで活動していました。インパルスレーベルを中心に米国で活動したカルテットを「アメリカン・カルテット」と呼び、ECMレーベルにて、欧州で活動したカルテットを「ヨーロピアン・カルテット」と呼び、この2つの異なる個性のカルテットをキースは使い分けていました。

双方、まったく性格の違うカルテットで、「アメリカン・カルテット」は、火の出るような激しくテンションの高い演奏が多く、「ヨーロピアン・カルテット」は、透明感のある冷静でリリカルな演奏が中心でした。どちらも、キースがリーダーでしたから、キースは、「アメリカン・カルテット」と「ヨーロピアン・カルテット」をうまく使い分けて、キースの2面性を表現していた様に感じます。

さて、まずは「アメリカン・カルテット」を聴き直してみたいと思います。インパルスでのキース・ジャレットの第一弾で、ビレッジ・バンガードでのライブ音源。Keith Jarrett『Fort Yawuh』(写真左)。1973年2月24日の録音。

ちなみにパーソネルは、Keith Jarrett(p, sax, per), Dewey Redman (ts), Charlie Haden (b, per), Paul Motian (ds, per), Danny Johnson (per)。伝説の「アメリカン・カルテット」+パーカッション奏者。まだ、アメリカン・カルテット一本で行く、というところまでは思い切っていない。
 

Keith_jarrett_fort_yawuh

 
もちろん、全曲キースのオリジナル。思いっきり強引にフリーな演奏を重ねて行く1曲目の「(If the) Misfits (Wear It)」から始まるので、スタンダーズ・トリオでのリリカルなキースをイメージして聴くと、おったまげてしまうのでは、と思います。でも、これがキースの本質の1つ目なんですよね。

2曲目のタイトル曲「Fort Yawuh」もかなり自由度の高い、フリーな演奏ですが、3曲目の「De Drums」で思わず「おおっ」と声を上げてしまいます。キースの本質の2つ目、アフリカン・ネイティブな、アーシーでフォーキーな8ビート曲。アーシーなリズム&ビートが実にアフリカンな響き。これもまた「ジャズ」である。

4曲目の「Still Life, Still Life」は、美しいピアノではじまり、情感溢れるリリカルな演奏が展開される。う〜ん、これもキースの本質、3つ目の本質である。リリカルなピアノ、スピリチュアルな展開、耽美的な響き、5曲目の「Roads Traveled, Roads Veiled」は限りなく美しい。

このインパルスでの「アメリカン・カルテット」の第1弾『Fort Yawuh』は、当時のキースの多面性を良く表したライブ盤です。この多面性がキースの特質で、以降、この多面性を「アメリカン・カルテット」と「ヨーロピアン・カルテット」と使い分けて表現していきます。演奏のレベルも高く、上質の純ジャズです。

 
 

震災から4年6ヶ月。決して忘れない。まだ4年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« あくまで「ウエスの異色盤」 | トップページ | キースの多面性を追体験する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/61610331

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・カルテットの第1弾:

« あくまで「ウエスの異色盤」 | トップページ | キースの多面性を追体験する »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ