« 西海岸ロックの歌姫の代表盤 | トップページ | こんなアルバムあったんや・49 »

2015年8月29日 (土曜日)

秋の気配に「米国西海岸ジャズ」

毎年8月後半のこの時期、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の恒例の「1970年代ロック祭り」を終えて、さて、今日からジャズ主体の話題に戻りましょう。

しかし、涼しくなりました。我が千葉県北西部地方、今日の最低気温は20度、最高気温は22度。これは10月上旬の陽気。しかも、秋雨前線の影響で、朝からしとしと霧雨が降り続く鬱陶しい一日。まだ8月なんですが、こんなに気温が下がったのは、ここ30年間で記憶がありません。とにかく涼しい。

さて、涼しくなると、様々なジャンルのジャズを聴く気になります。暑い時は、硬派なメインストリーム・ジャズや、熱気溢れるフリー・ジャズなどは絶対に避けたくなるんですが、ここまで涼しくなると大丈夫です。と言いつつ、今年の夏は「酷暑」。酷暑の後の余韻に浸りつつ、涼しい夜、聴き心地の良い、西海岸ジャズのアルバムを選択しました。

そのアルバムとは、Gerry Mulligan『What Is There to Say?』(写真左)。1958年12月から1959年1月にかけての録音。ちなみにパーソネルは、Gerry Mulligan (bs), Art Farmer (tp), Bill Crow (b), Dave Bailey (ds)。西海岸ジャズの雄、バリトン・サックスのジェリー・マリガンのリーダー作です。
 

What_is_there_to_say

 
このアルバム、冒頭のタイトル曲を聴けば良く判るんですが、明快に「米国西海岸ジャズ」の特徴を満載しています。ほど良くアレンジされた聴き心地の良い旋律、独特の響きを持った洒落たユニゾン&ハーモニー、落ち着いたクールなアドリブ展開、という米国西海岸ジャズの個性が、このアルバムにしっかりと根付いています。

そして、やはり聴きどころは、ジェリー・マリガンのバリトン・サックスでしょう。マリガンのバリトン・サックスは、クールで柔軟でマイルドな音作りが特徴で、実に粋で実にお洒落。それと、このアルバムを聴いていて思うのは、マリガンとファーマーの相性の良さ。良い感じですね。

加えて、このカルテット演奏は「ピアノレス」。ピアノのブロック・コードにリズム&ビートを制御されること無く、フロントのバリトン・サックスとトランペットが、柔軟にアドリブ・フレーズを展開していて、このアルバムについては、ピアノレス・カルテットの演奏として「成功」を収めている優れものです。

涼しくなって秋の気配。そんな秋の気配濃厚な季節、程良くコントロールされ程良くアレンジされ、楽器の重なり&響きがクールな米国西海岸ジャズに耳を傾けるひととき。至福のひとときです。

 
 

震災から4年5ヶ月。決して忘れない。まだ4年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 西海岸ロックの歌姫の代表盤 | トップページ | こんなアルバムあったんや・49 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の気配に「米国西海岸ジャズ」:

« 西海岸ロックの歌姫の代表盤 | トップページ | こんなアルバムあったんや・49 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー