« 夏はボサノバ・ジャズ・その19 | トップページ | ブライアントのソロ・ピアノ盤 »

2015年8月10日 (月曜日)

夏はボサノバ・ジャズ・その20

我が千葉県北西部地方。一昨日よりちょっと暑さが和らいで、雰囲気はちょうど「夏はボサノバ・ジャズ」にピッタリ。良いタイミングです。

さて、今日のボサノバ・ジャズは、Astrud Gilberto & Walter Wanderley『A Certain Smile, a Certain Sadness』(写真左)。邦題『サマー・サンバ』。1966年9月の録音。ジャズ大手ヴァーヴからのリリース。プロデューサーはフュージョンの祖、クリード・テイラー。

ちなみにパーソネルは、Astrud Gilberto (vo), Walter Wanderley (org), José Marino (b), Claudio Slon (ds), Bobby Rosengarden (per),  João Gilberto (g)。基本は、ワルター・ワンダレイのトリオ、ミーツ・アストラッド・ジルベルトというメンバー構成です。

ワンダレイのオルガンとアストラッドのボーカルの相性が意外と抜群に良い。オルガン・ジャズの良いところとボサノバ・ジャズの良いところが融合して、緩さに流されない、結構カッチリした、華やかでポップなボサノバ・ジャズなアルバムに仕上がっている。

ボサノバにジャズ・オルガンがこんなにフィットするとは思わなかった。ジャズ・オルガンは、滴り落ちるようなコッテコテのファンクネスが特徴で、ボサノバは気怠くアンニュイな雰囲気が特徴で、ジャズ・オルガンとボサノバの共演、と聴くと、完全に「水と油」と思ってしまうんだが、これは大いなる誤解。
 

A_certain_smile_a_certain_sadness

 
恐らく、アストラッドのそこはかとなく漂うコケティッシュな雰囲気が、このジャズ・オルガンのコッテコテのファンクネスと融合して、一種の「化学反応」を起こすのではないか、と睨んでいる。オルガンの音と融合することで、ボサノバがグッと「ジャズ化」するのだ。

そして、このアルバムを聴いていて、なんだか本格的なボサノバ・ギターが聴こえるなあ、良いなあ、と思うのですが、それもそのはずで、これって、アストラッドの元夫ジョアン・ジルベルトのギターなんですよね。パーソネルを見てビックリしました。

ジョアン・ジルベルトとは、ボサノヴァを創成した一人で、「ボサノヴァの神」と呼ばれるほどの素晴らしいギタリスト&ボーカリスト。このジョアン・ジルベルトの参加が、このアルバムが「ボサノバ・ジャズ」のアルバムであることをシッカリと想起させてくれます。

ジャケット写真を見ると「冬のボサノバ・ジャズ」って感じで、夏にこのジャケット写真を見ると思わず汗が滲み出てきますが(笑)、夏に聴いても良い感じです。ワンダレイのオルガンの響きが意外と硬質な爽やかさを含んでいるからだと感じています。アストラッドの歌声は相変わらず。気怠くアンニュイな雰囲気濃厚のボーカルは実に雰囲気があって魅惑的です。

 
 

震災から4年5ヶ月。決して忘れない。まだ4年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 夏はボサノバ・ジャズ・その19 | トップページ | ブライアントのソロ・ピアノ盤 »

コメント

私の住む川崎あたりでは、立秋をこえたあたりから夜にははやくも虫の鳴き声が聞こえ始めました。

私が初めてボサノバを意識したのは某ラジオ番組のテーマに使われていたゲイリーマクファーランドの「アンドアイラブハー」でした。口笛のメロディーに乗った軽快なアレンジですてきでした。

Aジルベルトも大好きです。^^最近ではマイケルフランクスのボサボバ調の曲や小野リサさんもいいですね。^^

でも正直いうと^_^;コンサートでかまえて正面から拝聴するのはどうなんかなあ?;;なんて思ったりもします。(~o~)

マイケルフランクスやユーミン^_^;などは私はコンサートも行きましたが
CDで聴くほうが楽しめたなあ・・なんて思ったものでした。(^^ゞ

多分、私の「コンサート嫌い」のトラウマのせいだと思うのであります。^_^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏はボサノバ・ジャズ・その20:

« 夏はボサノバ・ジャズ・その19 | トップページ | ブライアントのソロ・ピアノ盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー