最近のトラックバック

« ナベサダ・スムースジャズ事始め | トップページ | こんなアルバムあったんや・48 »

2015年7月10日 (金曜日)

ギタリストにとっての偉大な存在

いろいろとジャズのアルバムを聴き続けているが、色んな硬派な純ジャズを聴き続ける中で、こういうアルバムに出会うと、なんだかホッとする。いわゆるフュージョン・ジャズでは無いんだが、フュージョン・ジャズ基調のメインストリーム・ジャズ。いわゆる「コンテンポラリーな純ジャズ」。

例えば、このLee Ritenour 『Wes Bound』(写真左)なぞ、そんな「コンテンポラリーな純ジャズ」な一枚。1993年の録音&リリースになるが、音の雰囲気はフュージョン・ジャズからスムース・ジャズなんだが、出てくるフレーズは、かなり「メインストリーム・ジャズ」している。

冒頭のタイトル曲「Wes Bound」を聴くと、まずは「これは、ウエス・モンゴメリー」と思う、が、バックの演奏を聴くと、これは「ウエス・モンゴメリーでは無い」と考え直す。バックの演奏が、思いっきりフュージョン・ジャズしているのだ。でも、フュージョン・ジャズとは言っても、傾向としては「メインストリーム・ジャズ」と言って良い位、硬派で純ジャズっぽい雰囲気を漂わせている。

リトナーのウエス風ジャズ・ギター、良い感じです。ジャズ・ギタリストにとって、ウエスは神様に近い存在。このアルバムの演奏を聴けば、リトナーも例に漏れず、ウエスの信奉者であり、ウエスを敬愛する「ウエス者」であることが良く判る。とにかく、ウエスを良く聴き、ウエスによく学び、ウエスを敬愛している。そんな雰囲気が本当に良く判る演奏だ。
 

Wes_bound

 
ウエスの手になる曲も10曲中5曲を占め、ウエスの曲では、特にリトナーは喜々として、オクターブ奏法を駆使して、ウエス節を展開する。うっかり聴いていると、これってウエスのギターじゃないのか、と誤解するほど、リトナーのウエス節は堂に入っている。う〜ん、なるほど、リトナーはウエスが飛び切り好きなんやね〜。

バックのリズム・セクションは、ハービー・メイソンのドラムが思いっきり効いている。そこにボブ・ジェームスのキーボードが被って、ボブ・ジェームスが被るのだから、フュージョン・ジャズになってしまうのか、と思いきや、意外と「コンテンポラリーな純ジャズ」な響きに思わず感心する。ウエスにはやはり「コンテンポラリーな純ジャズ」なリズム・セクションだろう。

ジャケットも優秀。実に雰囲気のあるジャケットだ。1993年という時代を考えると、もはや純ジャズ的な雰囲気って、なかなかお耳にかかれなくなっていくんだろうなあ、とちょっと危惧していた時代なので、このアルバムとの出会いは嬉しかったし、ある確信を持った。

音の雰囲気はフュージョン・ジャズからスムース・ジャズなんだが、出てくるフレーズは、かなり「メインストリーム・ジャズ」という、新しい雰囲気を湛えた「コンテンポラリー・ジャズ盤」が、これからどんどん出てくると思った。1980年代中盤からの「純ジャズ復古」を切っ掛けにした、新しいジャズの進化の形態である。

 
 

震災から4年3ヶ月。決して忘れない。まだ4年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ナベサダ・スムースジャズ事始め | トップページ | こんなアルバムあったんや・48 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/60692343

この記事へのトラックバック一覧です: ギタリストにとっての偉大な存在:

« ナベサダ・スムースジャズ事始め | トップページ | こんなアルバムあったんや・48 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ