最近のトラックバック

« 「金太郎飴」的な心地良さです | トップページ | 米国ルーツ・ロックの基本盤 »

2015年7月24日 (金曜日)

突然、真夏にフリー・ジャズ

暑いですね〜。猛暑全開の我が千葉県北西部地方。昼間は熱風吹き荒れ、夕方から夜は高い湿度で思いっきり蒸し暑い。今年の夏の暑さはかなり厳しいですね。皆さん、熱中症や体調崩れに注意して下さい。
 
こんなに蒸し暑い毎日なんだが、純ジャズを聴き続けていると、突然、無性にフリー・ジャズが聴きたくなる。聴けば暑さが増すようで「真夏にフリー・ジャズですか」なんて声がかかりそうなんだが、これが意外といける。聴いた後の爽快感がなんとも言えず、格好の暑気払いになる。
 
で、今朝、いきなり聴きたくなったフリー・ジャズ。今朝は、本当に久し振りに、Archie Shepp『The Magic of Ju-Ju』(写真)を選択。赤みがかった骸骨のジャケットが何とも言えず不気味なんですが、意外と内容的には充実した、アーチー・シェップの好盤です。1967年4月の録音。
 
フリー・ジャズって、本能の赴くままに好き勝手に吹きまくるように捉えられることが多いが、1960年代後半のフリー・ジャズは、今の耳で聴くと、意外とフリーでは無い。リズム&ビートはきっちり刻み、そこに乗っかるテナー・サックスは意外とノーマル。複雑なメインストリーム・ジャズという面持ち。
 
特にこのアルバムを聴くと、その感が強くなる。しかも、このアルバムに詰まっている音世界は、フリー・ジャズというよりは、アフリカン・アメリカンの血が奏でる、アフリカン・ネイティブな、いわゆる土着の音楽、アフリカの民俗音学的なリズム&ビートの効いた即興演奏という趣が強い。
 

The_magic_of_juju

 
フリー・ジャズを差別に虐げられた黒人の抗議の叫び、差別される者の主張の代弁などとするのは、当時の俗っぽいインテリの無責任な印象、と僕は思っている。
 
フリー・ジャズの「フリー」=精神的な自由=差別からの脱却、と勝手に解釈して、安易に黒人の社会的主張と位置づけた感じ。一部、そういう面はあるにはあるんだが、全面的にそうと言い切っては誤解が生じる。迷惑な話である。
 
この『The Magic of Ju-Ju』を聴けば、さらにその印象が強くなる。リズム&ビートは明らかにアフリカ。民俗音楽は即興が基本。そこにジャズの原点を見出したのであろう、僕にとってのこのアルバムの雰囲気は「原点への回帰」と印象が強い。ジャズの基本の即興の源。
 
本当に久し振りに聴いたのですが、意外と聴き易い内容で、改めてビックリしました。これってもはや、フリー・ジャズでは無いでしょう。ちょっと難解で複雑なメインストリーム・ジャズとして聴いた方が、その内容からして「しっくり」きます。

とにかく、主役のアーチー・シェップのテナーの音色、ブロウが出色の出来。アーチー・シェップを知る上で、外すことの出来ない好盤の一枚です。良いアルバムです。

 
 

震災から4年4ヶ月。決して忘れない。まだ4年4ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 「金太郎飴」的な心地良さです | トップページ | 米国ルーツ・ロックの基本盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/60876787

この記事へのトラックバック一覧です: 突然、真夏にフリー・ジャズ:

« 「金太郎飴」的な心地良さです | トップページ | 米国ルーツ・ロックの基本盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ