« ウェイン・ショーターの個性 | トップページ | アバンギャルド系のギタリスト »

2015年6月16日 (火曜日)

爽やかな風が吹く「ギター盤」

このギタリストとの出会いは「歌伴」。現代ジャズの歌姫、ダイアナ・クラール(Diana Krall)の歌伴ギタリスト。これが上手い。しかも、音が太くて主張するところはしっかりと主張するギター。ジャズでは珍しい「新しい音」。ただものではない。

そのギタリストとは、ラッセル・マローン(Russell Malone)。1963年11月の生まれ。今年52歳。もはやベテランの域である。使用するギターは「GIBSON」。GIBSONの音は太い。しかし、この太い音を、時には「繊細に」、時には「しなやかに」鳴り響かせる。

そんなラッセル・マローンのリーダー作はどれも好きだが、特にこのアルバムは長年、聴き続けている。Russell Malone『Sweet Georgia Peach』(写真左)。1998年2〜3月の録音。ちなみにパーソネルは、 Russell Malone (g), Ron Carter (b), Lewis Nash (ds), Kenny Barron (p)。そして、プロデューサーは、Tommy LiPuma。

マローンのギターは正統派。正統派なのだが音が太い。この太さが「新しい」。オクターブ奏法は取り入れていない。それでも、マローンの弾く旋律はクッキリと前面に出てくる。シンプルな奏法なのに、である。これが僕には「新しい」。このアルバムを聴いて、即、僕はマローンのファンになった。
 

Sweet_geogia_peach

 
太い弦の響きと「確かな」テクニック、歌心溢れるアドリブ。久しぶりに正統派の雰囲気を感じる。純粋に彼のギターに耳を傾ける。リズミカルで楽しく明るい演奏。落ち着いた耽美的なソロ。様々な彼のギターの表情が楽しめる。バックのベテランも素晴らしい演奏を繰り広げ、若いマローンを盛り立てる。

選曲もバリエーション豊か。演奏内容も、カルテットの演奏からデュオからソロまで、様々な演奏形態で、マローンのギターが楽しめる。ボリューム的にも、LP時代に置き換えると、2枚組LPのボリューミーな内容。それでも、飽きが来ることなく、一気に聴き通してしまう。それだけの充実感がある内容。

全体に爽やかな風が吹き抜けるようなアルバムである。今の季節にピッタリの爽快な内容。緩急自在なマローンのギターは実に素晴らしい。確かにこの爽快感は新しい感覚。そう、マローンのギターは牧歌的なファンクネスが漂っている。粘りのあるファンクネスでは無い。あっさりとした牧歌的なファンクネス。

1998年の録音。新録音盤でも、こんな素晴らしいアルバムが出てくるところが、所謂、ジャズの「したたかさ」。これからの季節の昼下がりに、元気が欲しい時にピッタリの「若き正統派ギター」である。

 
 

震災から4年3ヶ月。決して忘れない。まだ4年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ウェイン・ショーターの個性 | トップページ | アバンギャルド系のギタリスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爽やかな風が吹く「ギター盤」:

« ウェイン・ショーターの個性 | トップページ | アバンギャルド系のギタリスト »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー