最近のトラックバック

« 1963年のメッセンジャーズ | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・24 »

2015年6月29日 (月曜日)

ショーターの個性「ほぼ完成形」

4日ほど、酷い夏風邪をひいて伏せっていた。さすがにこの歳になって熱が出たら、それを押して本業に勤しむなんてことは出来ない。それだけ歳をとったということ。しかも、歳をとったついでに風邪の治りが悪い。とか言ってる間に咳が止まらなくなった。まあ、いつものことである。

で、やっと昨朝から熱がひいて音楽を聴く気になった。体調の悪い時は音楽を聴く気が全く起きない。音楽を聴く気になるかどうかが回復のバロメーターになる。逆に音楽を聴く気にならなかったら、相当、重篤な状態ということになる。判り易いと言えば判り易い(笑)。

さて、ウェイン・ショーター(Wayne Shorter)である。この摩訶不思議なテナー奏者のどこが良いのか、若い頃はさっぱり判らなかった。40歳を過ぎた頃からか、ブルーノートのショーターの諸作を聴く様になって、なんとなくこの摩訶不思議なテナー奏者の個性が理解出来る様になった。 

僕はこのアルバムを聴いて、ショーターの個性の基本というものが良く判った、と感じている。そのアルバムとは、Wayne Shorter『Juju』(写真左)。1964年8月の録音。ブルーノートの4182番。ちなみにパーソネルは、Wayne Shorter (ts), McCoy Tyner (p), Reggie Workman (b), Elvin Jones (ds)。

このアルバムに詰まっている音は「コルトレーン」。モーダルなコルトレーン、ハードバップなコルトレーン、フリーなコルトレーン、自由度の高いジャズをやっているコルトレーンのエッセンスを上手く抽出して、洗練してスッキリとした、モダンなコルトレーン・フレーズがそこかしこに散りばめられている。
 

Juju1

 
なるほど、ショーターのアイドルって、やっぱりコルトレーンなんやなあ。この『Juju』を聴くと、ショーターは本当にコルトレーンを良く知っているなあ、と感心する。タイム感覚とフレーズの展開を最新のトレンドに合わせてリコンパイルしているので、コルトレーンライクなフレーズや展開は洗練されて、ショーターの個性の一部となって鳴り響く。

ピアノのマッコイ、ドラムのエルビンについては、コルトレーンの伝説のカルテットから借りてきたようなもの。しかし、聴いていて面白いのは、マッコイにしろ、エルビンにしろ、コルトレーンがフロントにいる時の様には弾かないし、叩かない。

フロントのショーターの個性である「洗練してスッキリとした、モダンなコルトレーン・フレーズ」に合わせて、その独特のタイム感覚とフレーズの展開を捉えて、マッコイはピアノを弾き、エルビンはドラムを叩く。

さすがである。ベースのレジー・ウォークマンを加えて、ピアノのマッコイ、ドラムのエルビン、このリズム・セクションがバックで、ショーターの個性に合わせてドンドコやるだけで、コルトレーンとは全く異なったショーターならでは「コルトレーン・ミュージックの世界」を感じることが出来る。

モーダルなウェイン・ショーターの個性の「ほぼ完成形」だろう。実はあまりにコルトレーン・フレーズを踏襲する余り、このアルバムのショーターを「これぞショーターの個性」と胸を張ってご紹介しかねることは事実。「ほぼ完成形」というのはそういうところを慮ってのこと。

実は次作が「これぞショーターの個性」と胸を張ってご紹介できるアルバムなんだが、その次作については、また後日。

 
 

震災から4年3ヶ月。決して忘れない。まだ4年3ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 1963年のメッセンジャーズ | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・24 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/60558341

この記事へのトラックバック一覧です: ショーターの個性「ほぼ完成形」:

« 1963年のメッセンジャーズ | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・24 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ