最近のトラックバック

« 基準となるジャズ・ピアノの技術 | トップページ | ロバート・プラントのソロ盤 »

2015年5月16日 (土曜日)

日本男子もここまで弾く・7

本田竹曠は、1970年代から1990年代にかけて活躍した日本人ピアニストである。僕が、この本田竹曠というピアニストに出会ったのは、フュージョンの時代、ネイティブ・サンという、日本のフュージョン・グループを通じてである。彼はネイティブ・サンのキーボード奏者だった。

そんなバリバリ・フュージョンのキーボード奏者が、実は思いっきり純ジャズなピアニストだったとうことを知った時、本当に驚いた。フュージョン・ジャズのキーボードと純ジャズのキーボードの弾き方は全く異なるので、純ジャズのキーボード奏者はフュージョンのキーボード奏者になり得ないと思っていた。

しかし、純ジャズの本田竹曠はスタイルが一貫していない。1960年代の終わり、デビュー盤であった『本田竹曠の魅力(Minton Blues)』では、こってこてのファンキーでブルージーなピアノだった。ゴスペルチックな和音の重ね方、フレーズの展開など、日本人が弾いているが故、あっさりとしたファンクネスが、実に品の良い響きだった。

しかし、この後、フリーに寄ったピアノに変貌し、あれれれっと思ったら、1970年代中盤には、マッコイ・タイナーの様な、スピリチュアルで叩きつける様な明確なタッチで、ガンガン、シーツ・オブ・サウンドで弾きまくる、硬派なメインストリームなスタイルに変貌していた。 
 

Salaam_salaam

 
そのマッコイ・タイナーの様な、ピアノを叩くような力強いタッチ、美しいハーモニー、かっこいいアドリブ・フレーズを記録したアルバムが、本田竹曠『Salaam Salaam』(写真左)。1974年6月15日の録音。イースト・ウインド・シリーズの中でも一番古い録音。ちなみにパーソネルは、Takehiro Honda (p), Juni Booth (b), Eric Gravatt (ds)。ベースとドラムは今となっては無名のジャズメンである。

「サラーム サラーム」というのは、スワヒリ語で「平和、平和」という意味。思わず、コルトレーンを想起する。そんなアルバムの中、冒頭の「 Minors Only」から、和製マッコイ・タイナー炸裂。これだけ圧倒的な演奏力で、モードジャズを展開した日本人ジャズメンはそうそうはいない。

収録曲は3曲。いずれの曲も思いっきりマッコイが入っていて、演奏内容も端正で破綻無く、疾走感溢れる展開に思わず感じ入ってしまいます。マッコイのスタイルをフォローしているんですが、マッコイのコピーに終始していないところに、本田竹曠の矜持を感じます。

良いアルバムです。録音もよく、1970年代の日本人ジャズ・ピアニストの好演を記録したアルバムとして、お勧めの一枚です。

 
 

震災から4年2ヶ月。決して忘れない。まだ4年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 基準となるジャズ・ピアノの技術 | トップページ | ロバート・プラントのソロ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/60023301

この記事へのトラックバック一覧です: 日本男子もここまで弾く・7:

« 基準となるジャズ・ピアノの技術 | トップページ | ロバート・プラントのソロ盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ