最近のトラックバック

« 日本ジャズの黎明期の志士たち | トップページ | 日本男子もここまで弾く・7 »

2015年5月14日 (木曜日)

基準となるジャズ・ピアノの技術

先日、10日(日)のブログで、「ジャズ・ピアノのスタイルの基本」と題して、Bud Powell『Jazz Giant』をご紹介した。様々なジャズ・ピアノを聴き進めていって、基本に戻りたくなる時、この『Jazz Giant』を必ず聴く。

そして、もう一枚のバド・パウエルは、ジャズ・ピアノのテクニックの基準。ジャズ・ピアノのテクニックはいかばかりか、との問いにはこのアルバムをもって応える。Bud Powell『The Genius Of Bud Powell』(写真左)。

パウエルのキャリアの初期(1950〜1951年)に行なわれた2回のセッションを1枚にまとめたものではあるが、その構成は以下の通り。

1)tracks 1-4 = July 1, 1950, New York
  パーソネルは、Bud Powell (p), Ray Brown (b), Buddy Rich (ds)
2)tracks 5-12 = February 1951, New York
  パーソネルは、Bud Powell (p) solo

1)については、LPの収録曲にはあるまじきこと、「Tea for Two」の3連発。同じ曲の異なるテイクが3連続で入っている。通常のアルバムではおおよそ考え難い。しかし、これがこのアルバムを聴けば納得する。

同一曲3連発であるが、それぞれの演奏での表現が異なる。同じ曲でも優れたテクニックにかかれば、違った表現が可能になるのだ。しかし、その優れたテクニックのレベルは、選ばれた者だけが手にする「途方も無いテクニック」である。その「途方も無いテクニック」が広くて深い歌心を伴い、具体的な音となって、このアルバムに詰まっている。
 

The_genius_of_bud

 
4曲目の「Hallelujah!」のテクニックは常識を超えている。譜面に書かれた曲を何度も何度も練習して、本番に臨んでいるのでは無い。テーマだけがあって、アドリブ・フレーズの展開は全くの「一発勝負」。頭の中に閃いたフレーズを指に伝えて、鍵盤を叩く。ジャズは即興の音楽。その言葉を思い出す。

バックのベースのレイ・ブラウン、ドラムのバディ・リッチともに、この鬼気迫るバドのアドリブについていくのが精一杯。青息吐息で、バドのアドリブ・フレーズに追従する。

5曲目以降は、もはやベースとドラムは必要がない。バド・パウエルのソロ・ピアノ8連発である。これも当時、通常のアルバムではおおよそ考え難い。ジャズでは、当時、まだまだ市民権を得ていない「ソロ・ピアノ」である。それでも、これがこのアルバムを聴けば納得する。

バド・パウエルのテクニックを愛でるには、ベースとドラムは必要無い。バドのピアノがあれば良い。いや〜、胸の空くような、青空の中、太陽の光を浴びながら飛翔する様なアドリブ・フレーズ。どこまでも高く高く飛ぶような驚愕のテクニック。あまりにフレーズが速すぎて、指がもつれそうな雰囲気になるが、バドは絶対にそうはならない。

このアルバムは、ジャズ・ピアノのテクニックの基準である。ジャズ・ピアノにおける「優れたテクニック」とは何か。このアルバムを聴けばたちどころにそれが理解出来る。このアルバムに詰まっているテクニックは凄い。思わず笑いがこみ上げて来るハイ・テクニック、そして併せ持つ「歌心」。これだから、ジャズを聴くのは止められない。

 
 

震災から4年2ヶ月。決して忘れない。まだ4年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 日本ジャズの黎明期の志士たち | トップページ | 日本男子もここまで弾く・7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/59998212

この記事へのトラックバック一覧です: 基準となるジャズ・ピアノの技術:

« 日本ジャズの黎明期の志士たち | トップページ | 日本男子もここまで弾く・7 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ