最近のトラックバック

« 目標となるジャズ・ピアノの技術 | トップページ | 新ライブ盤『Jeff Beck Live+』 »

2015年5月19日 (火曜日)

世界に誇れる山下洋輔トリオ

若い頃、今から30年くらい前になるかなあ、フリー・ジャズは苦手だった。とにかく本能のおもむくまま、感情のおもむくままに好き勝手に吹きまくる。必要最低限の決め事はあるのだが、とにかくフロントのサックスが吹きまくる。

バックのリズム・セクションは意外にトラディショナルに、モードをベースに自由度を高めてはいるが、純粋フリーな演奏では無い。とにかくフロント楽器だけが吹きまくる。そして、ドラムはただ好き勝手に叩きまくるだけ。ベースは好き勝手に掻きむしりつづけるだけ。吹きまくり方も意外とバリエーションに乏しい。激しいが意外とワンパターンなブロウが多い。

それが長時間、延々と続くのだ。フリー・ジャズは聴き続けていると、だんだんに飽きてくる。どうにもこうにも、フリー・ジャズというジャンルの演奏は、「音楽」という要素に欠けるのだ。音を楽しむ要素に欠ける、つまり、聴き手にかなりの「我慢」を強いているということになる。

しかし、若い頃、苦手なはずのフリー・ジャズではあるが、この人達のフリー・ジャズは結構聴けた。山下洋輔トリオである。日本のフリー・ジャズは意外と聴けた。聴いていて気が付くのだが、日本の優れたフリー・ジャズは「音楽」という要素をしっかりと押さえている。これが恐らく良い方向に作用するのだろう。

その好例として、山下洋輔トリオ『イン・ヨーロッパ 1983 - complete edition -』(写真左)というアルバムがある。パーソネルは、山下洋輔(p)、武田和命(ts)、小山彰太(ds)の山下洋輔トリオ + 林栄一(as)。1983年7月8日、ドイツ「ハイデルベルク・ジャズ・ターク」でのライブ録音。

この山下洋輔トリオ+1のフリー・ジャズは、その当時の米国そして欧州のフリー・ジャズとはちょっと質が異なる。本当の意味でのフリー・ジャズと言えるのでは無いか。4者4様ながら、一斉の「せーの」で、ドッシャンバッシャンとフリー・ジャズをやる。誰かがリズムをキープし、誰かがビートをキープしているなんてことは無い。4人4様でフリーなアドリブ・フレーズを連発する。
 

Yosuke_yamashita_in_europe_1983

 
それじゃあ「混沌」として音楽どころじゃあないでしょう、と思いきや、これがしっかりと「音楽」している。4人4様でフリーな演奏をしている中で、示し合わせた様にユニゾン&ハーモニーを展開したり、チェイスしたりする。これが聴いていて楽しいのだ。

そして、ピアノの山下洋輔が素晴らしい。最初から最後までフリーなのだ。セシル・テイラーを目指しながら、セシル・テイラーでは無い。山下洋輔のフリーなピアノが炸裂しまくる。ピアノの様々な奏法、テクニックを駆使しながら、フリーなフレーズを叩きまくる。このフリーなピアノ、意外と米国や欧州で「ありそうで無い」。

ドラムの小山彰太がこれまた凄い。叩きまくる叩きまくる。しっかりとバリエーション豊かにリズム&ビートを叩きまくる。この様々なバリエーション豊かなリズム&ビートというところが、意外と米国や欧州で「ありそうで無い」。

そして、フロントの武田和命のテナーと林栄一のアルトが個性的。抑制の効いた、良く考えた、バリエーション豊かなブロウが素晴らしい。本能のおもむくまま、感情のおもむくままに吹かない、ピアノをしっかりと聴きながら、ピアノに呼応するようなフリーなフレーズを展開。

この山下洋輔トリオ+1のフリー・ジャズは「グループ・サウンズ」を前提としたフリー・ジャズである。「音楽」という要素をふんだんに散りばめながら、4人4様でフリー・ジャズをやる。これが意外と米国や欧州で「ありそうで無い」。

つまりは、この山下洋輔トリオ+1は「聴いて楽しいフリー・ジャズ」。世の中の様々なジャンルの音楽の要素が詰め込まれつつ、そんなこと、おくびにも出さずに、ドッシャンバッシャンとフリー・ジャズをやる。かなりの長尺な演奏だが、あっと言う間に聴き終えてしまう。

 
 

震災から4年2ヶ月。決して忘れない。まだ4年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 目標となるジャズ・ピアノの技術 | トップページ | 新ライブ盤『Jeff Beck Live+』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/60061097

この記事へのトラックバック一覧です: 世界に誇れる山下洋輔トリオ:

« 目標となるジャズ・ピアノの技術 | トップページ | 新ライブ盤『Jeff Beck Live+』 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ