« 伝統の「個性」は伊達では無い | トップページ | 『Bad Company』の遠い思い出 »

2015年5月29日 (金曜日)

音楽喫茶『松和』の昼下がり・23

ジャズって、こういうアルバムがいきなり出てくるから隅に置けない。新譜のリサーチも怠りなく、というのを再認識する。見逃したら、この素晴らしい音世界を知らずに人生が終わってしまうのだ(笑)。

今回、これはこれは、と感心したアルバムがこれ。Joe Lovano & Dave Douglas Sound Prints『Live At Monterey Jazz Festival』(写真左)。新生ブルーノート・レーベルの最新作である。まあまあ、ジャケット・デザインもしっかりブルーノートしていて、このアルバムの内容がかなり期待出来る。

2013年9月21日、モントルー・ジャズフェスティバルのライブ録音になる。ちなみにパーソネルは、Joe Lovano (ts), Dave Douglas (tp), Lawrence Fields (p). Linda Oh (b), Joey Baron (ds)。日本においてはマイナーな存在のジャズメンばかりである。

テナーのジョー・ロヴァーノとペットのデイヴ・ダグラス。日本では人気が無いんですね〜これが。知る人ぞ知る、実は優れた中堅ジャズメンなんですけどね。聴けば、その優秀性がすぐに判るんですがね。日本のレコード会社の関係者、ジャズ評論家の方々って、何を聴いて、何を感じて、リコメンドなコメントを認めているんでしょうか。

このライブ盤の優秀性は聴けば判る。純ジャズ系のコンテンポラリーなジャズが思いっきり展開されている。聴き応え満点のメインストリーム・ジャズ。これだけ先進的なハードバップな演奏になると、言葉で表現するには無理がある。とにかく、皆さん、一度、聴いてみて下さい(笑)。
 

Soundprrints

 
しかし、さすがはブルーノート・レーベルのライブ盤である。録音も良いし、ミックスも良好。ジャズメンの演奏ばかりで無く、録音やミックスにもしっかりとした拘りを見せ、ブルーノート・レーベルならではの個性を反映した録音イメージやミックスの調子は、とにかく聴き応えがある。他のレーベルの追従を許さない、さすが老舗のジャズ・レーベルである。

テナーのジョー・ロヴァーノとペットのデイヴ・ダグラスについては、日本ではもっと再認識されるべき、優れたジャズメンである。この二人のリーダー作には駄作が無い。そういう意味では、もっと、我がバーチャル音楽喫茶『松和』のジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログでも、積極的に紹介すべきジャズメンなんだろうな。ちょっと反省している。

しかし、本当にジャズって隅に置けないよな〜。こんなライブ音源が何気なく新譜としてポロッと出てくる。別にとりわけジャズ雑誌のレビュー欄を賑わす訳では無いし、ジャズの有名ブログに大きく採り上げられる訳でも無い。そんなライブ盤なんだが、聴けば判るが、それはそれは素晴らしい内容なのだ。

これぞジャズ者冥利に尽きる話ではある。ジャズ雑誌のレビュー欄を賑わす訳では無いし、ジャズの有名ブログに大きく採り上げられる訳でも無い。しかし、自腹で投資をし、しっかりと自分の耳で聴けば、このライブ盤の良さは一耳瞭然。こういうことが時々あるので、ジャズ者、ジャズ盤コレクションは止められない。

 
 

震災から4年2ヶ月。決して忘れない。まだ4年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 伝統の「個性」は伊達では無い | トップページ | 『Bad Company』の遠い思い出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽喫茶『松和』の昼下がり・23:

« 伝統の「個性」は伊達では無い | トップページ | 『Bad Company』の遠い思い出 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー