« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・20 | トップページ | 大健闘の纐纈『バラーディスト』 »

2015年4月 6日 (月曜日)

ヘイデンの「白鳥の歌」です。

この半年、折につけ、よく聴くデュオ盤がある。Keith Jarrett & Charlie Haden『Last Dance』(写真左)。

2007年のキースの自宅、ケイヴライト・スタジオでの録音。名盤『Jasmine』の続編、言い換えると、残り音源の「落ち穂拾い」である。『Jasmine』の後を受けての再会セッションでは無い。

改めて、パーソネルを確認すると、Charlie Haden (b), Keith Jarrett (p)。昨年7月に惜しくも亡くなった、ベースの哲人、チャーリー・ヘイデンとピアノのキース・ジャレットとの、美しきスタンダード集、デュオ演奏である。

この二人のデュオは非常に内容がある。デュオ演奏の基本は「対話(ダイアローグ)」である、と言われるが、実はピンと来ないことが多い。が、このキースとヘイデンのデュオを聴くと、この「対話(ダイアローグ)」という感覚に合点がいく。百聞は一聴にしかず、である。

キースとヘイデンのコラボ、と言えば、30年ほど前の、キースの「アメリカン・カルテット」での共演が思い浮かぶ。火の出るような、限りなくフリーで激情溢れるカルテット演奏は、それはそれは「凄まじい」ものだった。
 

Last_dance

 
しかし、この『Last Dance』でのキースとヘイデンのコラボは、「アメリカン・カルテット」でのコラボとは全く異なったイメージ。ヘイデン曰く「キースもよく聴き、僕も聴く。それが僕たちデュオの極意。お互いを聴くことが演奏には大事なんだ」。デュオ演奏の基本は「対話(ダイアローグ)」。このアルバムには、デュオ演奏の極意が詰まっている。

「前作『Jasmine』が好きだった人には必ず気に入っていただける作品。僕たち2人が一緒に演奏すると、まるで2人が歌っているようなんだ」と語るキース・ジャレット。確かにそう思う。この『Last Dance』は、『Jasmine』よりも落ち着いた雰囲気の、シンプルで木訥としたデュオ演奏が実に味わい深い。

『Jasmine』に収録された「Where Can I Go Without You」と「Goodbye」の2曲の別テイクの存在が意味深である。この2曲が、先にリリースされた2010年の『Jasmine』とこの2014年の『Last Dance』を繋ぐ「架け橋」の様な存在。実に味わい深い、深遠な印象の2曲である。

2014年7月、チャーリー・ヘイデン没。この『Last Dance』はヘイデンの「白鳥の歌」の様に響く。本当に実に惜しいベーシストを亡くした。ご冥福をお祈りしたい。

 
 

震災から4年。決して忘れない。まだ4年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・20 | トップページ | 大健闘の纐纈『バラーディスト』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘイデンの「白鳥の歌」です。:

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・20 | トップページ | 大健闘の纐纈『バラーディスト』 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー