最近のトラックバック

« 『心が風邪をひいた日』を聴く | トップページ | ブルーノート謹製ハードバップ »

2015年3月 8日 (日曜日)

こんなアルバムあったんや・41

この新作は「チャレンジ」だろう。生誕200年を迎えたサクソフォンの産みの親、アドルフ・サックス(1814年11月6日生)に捧げた企画アルバム、本多俊之『GREETINGS〜アドルフ・サックスに捧ぐ〜 』(写真左)。2014年11月のリリース。

基本的には、本多俊之がアレンジの才を最大限発揮した、サクソフォン・アンサンブルが中心の作品である。日本を代表する一流のサキソフォン・プレイヤー総勢13名を招聘し、サックスを思いっきり前面に押し出した、あまり前例の無いジャズ・オーケストラ仕様である。

冒頭の「Take it easy」が最大の編成で、サックスが13本にピアノの編成で豪快にアンサンブルを展開する。この曲は、吹奏楽用の楽譜をサックス・アンサンブルに編曲したとのことで、なるほど、旋律部分のユニゾン&ハーモニーが吹奏楽っぽい。この吹奏楽っぽいユニゾン&ハーモニーの響きをどう聴くかで、このアルバムの感じ方は分かれるだろう。

他の曲は、サックスあとは4〜6本の編成の曲が多くて、アンサンブルのサックスの重なるがちょっとスッキリして聴き易くなる。しかし、編成的には、サックスとピアノ、サックスもテナー、アルト、ソプラノ、バリトンの4種類で、音の種類はたった2種類での演奏となるので、音のバリエーションが乏しくて、アルバムに収録された曲を聴き進めるにつけ、単調さと飽きを感じてしまう。

アタックの強い音を出すのが苦手なサックスなので、強烈なリズム&ビートを供給することが出来ない。つまり、ユニゾン&ハーモニーはスムーズに流れるのだが、そのユニゾン&ハーモニーに加速をつけ推進するリズム&ビートに乏しい。この盤において、打楽器を中心としたリズム隊が無いのも、単調さを感じてしまう原因の一つだろう。
 

Toshiyuki_honda_greetings

 
よって、こういうサックスのみの編成という実験的な編成において、ピアノの存在が重要になるのだが、この盤では、ピアノを打楽器の代替としての活用するアレンジは採用されていない。サックスの特性を最優先としてアレンジされている様で、サックスの楽器としての表現力の可能性を、良い面も悪い面も併せて、前面に押し出している様に感じる。

そういう意味で、この本多俊之の新作は「チャレンジ」を前面に押し出した、実験作の意味合いが濃いと思う。サックスの楽器としての表現力の可能性を、良い面も悪い面も併せて前面に押し出す、という目的はほぼ達成されている。やはり、サックスのみのアンサンブルは、いかにアレンジの才を発揮しても辛い部分は辛い。ピアノ、ベース、ドラムという、基本的なリズム・セクションの参加は必須だろう。

それでも、5曲目の「My Favorite Rhythm」、副題「BOSSA AFRO CUBAN MEDOLEY」は聴いていてとても楽しいし、サックスとピアノのデュオ編成の、6曲目の「ELEGANTE」は格調高く、実に美しい演奏だ。映画やドラマの音楽も担当していた本多俊之ならではの、4曲目「マルサの女」や8曲目「家族ゲームMEDLEY」には思わずニンマリする。

ジャズ者初心者の方々には、ちょっと判り難い盤だと思います。ジャズ・オーケストラや吹奏楽関係者の方々に是非ともお勧めな一枚だと思います。それほど、この盤のアレンジは出色の出来だと感じています。

 
 

震災から3年11ヶ月。決して忘れない。まだ3年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 『心が風邪をひいた日』を聴く | トップページ | ブルーノート謹製ハードバップ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/59194178

この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・41:

« 『心が風邪をひいた日』を聴く | トップページ | ブルーノート謹製ハードバップ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ