« ピアノ・トリオの代表的名盤・44 | トップページ | ハッチャーソンのヴァイブ »

2015年3月27日 (金曜日)

市原ひかりの意欲的な企画盤

アメリカの文豪、F.スコット・フィッツジェラルドの小説で不朽の名作として人気の高い『ザ・グレート・ギャツビー』、邦題『華麗なるギャツビー』。この『華麗なるギャツビー』からインスピレーションを得て制作されたコンセプト・アルバムを聴く。

そのアルバムとは、市原ひかり『Dear Gatsby(親愛なるギャツビー)』(写真左)。昨年の10月のリリース。ちなみにパーソネルは、市原ひかり (tp, flh), 宮川純 (p, rhodes, syn), 清水昭好 (b), 横山和明 (ds), デイビッド・ネグレテ (reading)。「朗読」が入っているのが興味をひく。

冒頭の「You must know Gatsby」を聴けば、このアルバム全体の雰囲気が窺い知れる。ハウスな雰囲気がクール。小説の一節の朗読がエキゾチック。雰囲気はヒップホップなどを融合させた様な、クールで緩やかなリズム&ビートに乗って、抑制の効いた、ブラスの響き豊かに、市原のトランペットが朗々と鳴る。
 

Dear_gatsby

 
「朗読」が、知的なラップの様に効いている。幽玄な響きを湛えるトランペット。クールで繊細なリズム・セクションがトランペットを浮き立たせる。メリハリの効いた水墨画を観るような、幽玄な音世界。落ち着いた、抑制の効いたビート。朗々となるトランペット。緩やかに流れる河の様に、悠然とインプロビゼーションが展開されていく。

全編に渡って、雰囲気のある楽曲が詰まっている。そして、それぞれの曲に施されたアレンジがクールだ。市原を始めとする各メンバーの作曲能力とアレンジ能力の高さをまざまざと感じる。それぞれの楽曲に才能の煌めきを感じる。

決して、バリバリに吹きまくる、バッシャバッシャ叩きまくる、熱い熱いジャズでは無い。どちらかと言えば、真逆のクールでセンシティブで、音の広がりと抑制の効いたビートで聴かせる新しい感覚のジャズ。実に個性的だ。次作が楽しみになる、そんなクールなニュー・ジャズ。

 
 

震災から4年。決して忘れない。まだ4年。常に関与し続ける。決して忘れない。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ピアノ・トリオの代表的名盤・44 | トップページ | ハッチャーソンのヴァイブ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市原ひかりの意欲的な企画盤:

« ピアノ・トリオの代表的名盤・44 | トップページ | ハッチャーソンのヴァイブ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー