最近のトラックバック

« 似て非なるリトルとブラウニー | トップページ | 日本男子もここまで弾く・3 »

2015年3月24日 (火曜日)

ブッカー・リトルとの初邂逅

昨日、早逝の天才トランペッター、ブッカー・リトルについて語った訳だが、リトルのリーダー作も良いが、早逝の限りなくフリーで個性的なアルト奏者、エリック・ドルフィーとのコラボの方が僕には気になる。ということで、今日はこの盤をご紹介。

LP時代には「盟友ブッカー・リトルとの初邂逅」なんて文字が帯に踊っていたりした盤である。Eric Dolphy『Far Cry』(写真左)。1960年12月21日の録音。この盤が正真正銘、エリック・ドルフィーとブッカー・リトルとの出会いである。

ちなみにパーソネルは、Booker Little (tp), Eric Dolphy (as, b-cl, fl), Jaki Byard (p), Ron Carter (b), Roy Haynes (ds)。今の目から見れば、素晴らしい人選である。限りなく最先端でフリーな演奏をいともたやすく実現してしまう優れもの達の面々でパーソネルが構成されている。

冒頭の「Ode To Charlie Parker」から、エリック・ドルフィーの摩訶不思議な、捻れた様にスクエアにスイングするフルートが全開。そんなエリック・ドルフィーのフルートに絡むように、モーダルに吹き進めていくブッカー・リトルのトラペット。決して、奇をてらったフレーズは無いのだが、ドルフィーのフルートに絡みつくリトルのトランペットは実に妖艶である。

2曲目の「Mrs. Parker of K.C.」のリトルのトランペットはオーソドックスに溌剌としていて、思わずハッと聴き惚れる。そんなリトルのトランペットが、ドルフィーの一糸乱れぬユニゾン&ハーモニーを展開する。リトルのペットにドルフィーのアルト。相性抜群の二人である。
 

Far_cry

 
このドルフィーとリトルの双頭フロントは、自由度溢れるモーダルなフレーズを連発しながらも、決して小難しくない、逆に判り易いインプロビゼーションを展開する。このインプロビゼーションが絶品なのだ。

リトルのトランペットは正統派なもので、決して奇をてらったものでは無い。逆に、ドルフィーのアルトやバスクラは明らかに捻れた様にスクエアにスイングし、摩訶不思議なフレーズを繰り出す。そんな正反対の性質をした二人がコラボすると、相性バッチリ、一糸乱れぬユニゾン&ハーモニーを繰り出し、限りなくフリーでモーダルな、尖った純ジャズを展開する。

このドルフィーの『Far Cry』は、そんなブッカー・リトルとエリック・ドルフィーの出会いのアルバムである。以降、この二人は双子の兄弟の様に共演を続け、共にセッションに参加する。その双子の兄弟の様な関係は、ブッカー・リトルが、1961年10月5日、ニューヨークで急逝するまで続くのだ。

そして、ドルフィーは、リトルが逝去した3年後、1964年6月29日にベルリンで客死する。リトルは享年23歳、ドルフィーは享年36歳。早逝の二人であった。

この二人が早逝すること無く、今の時代を生きていたとしたら、リトルは77歳、ドルフィーは87歳。ちょっと現役では厳しい年齢やなあ。でも、二人があと20〜30年ほど長生きだったら、恐らく、ジャズ界のトレンドは大きく変わっていただろう。そんな確信に満ちた「強い想い」を持たせてくれる、そんなリトルとドルフィーのコラボである。

 
 

震災から4年。決して忘れない。まだ4年。常に関与し続ける。決して忘れない。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« 似て非なるリトルとブラウニー | トップページ | 日本男子もここまで弾く・3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/59392455

この記事へのトラックバック一覧です: ブッカー・リトルとの初邂逅:

« 似て非なるリトルとブラウニー | トップページ | 日本男子もここまで弾く・3 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ