最近のトラックバック

« ロリンズは豪快に吹きまくる | トップページ | マックス・ローチの代表作です »

2015年3月12日 (木曜日)

70年代Bob Jamesの集大成

ボブ・ジェームスのアナログ録音の雰囲気満載なアルバムの最後だろう。1980年のリリースになる。Bob James『H』(写真左)。リーダーでのスタジオ録音作の8作目。8作目だからアルバム・タイトルはアルファベットの8番目の「H」。タイトルが「H」で、ジャケットが「HOT DOG」。ちょっと無理があるなあ(笑)。

1980年と言えば、フュージョン・ジャズのピーク。トレンドはソフト&メロウ。この「H」は、ボブ・ジェームス流のソフト&メロウな盤である。いわゆる「ボブ・ジェームスの考えるソフト&メロウ」である。

その典型的な演奏が1曲目の「Snowbird Fantasy」。アコースティックなボブ・ジェームスが素晴らしい。アレンジも秀逸。従来、ボブ・ジェームスはブラスのアレンジが秀逸なのだが、この「Snowbird Fantasy」では更に秀逸。アナログ録音なブラス・アレンジの集大成。

2曲目「Shepherd's Song (From Haute-Auvergne)」以降、このアルバムには、アコースティックなボブ・ジェームス楽団の音が印象的に詰まっています。リズム・セクションはエレクトリックなんですが、このエレクトリックなリズム&ビートに乗って、アコピやアコギが乱舞します。このアコピやアコギの音が前面に押し出される、フィーチャーされるアレンジはさすがボブ・ジェームス。
 

Bob_james_h

 
ゲスト・ミュージシャンも、このボブ・ジェームスの秀逸なアレンジに乗って、いつになく吹きまくり、弾きまくる。Glover Washington,Jr.の流麗なソプラノサックス、そして、Hiram Bullockの飛び道具的なエレギが特に印象に残る。

そして、何よりも、このアルバムでのボブ・ジェームスのアコースティック・ピアノの音に耳を奪われる。もともと純ジャズな尖ったピアニストだったボブ・ジェームスなんですが、クロスオーバー・ジャズからフュージョン・ジャズに転身していく中で、フェンダー・ローズやシンセサイザーの使い手として認知され、アコピ弾きのボブ・ジェームスは忘却の彼方へ。

しかし、このアルバムでは、ボブ・ジェームスのアコピが際立っている。この8枚目のリーダー作『H』は、ボブ・ジェームスのアコピを愛でることのできる優秀盤である。ボブ・ジェームスのアレンジについても、このアコースティック・ピアノを際立たせるアプローチがそこかしこに施されている。

1970年代ボブ・ジェームスの集大成的なアルバムです。リリース年も1980年と節目の年。アナログ録音の雰囲気満載なアルバムの最後を飾るアルバムで、次作の『Sign of the Times』からはデジタルな録音環境に挑んでいくことになります。

 
 

震災から4年。決して忘れない。まだ4年。常に関与し続ける。決して忘れない。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ロリンズは豪快に吹きまくる | トップページ | マックス・ローチの代表作です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/59244891

この記事へのトラックバック一覧です: 70年代Bob Jamesの集大成:

« ロリンズは豪快に吹きまくる | トップページ | マックス・ローチの代表作です »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ