最近のトラックバック

« 三輪洋子の『Fadeless Flower』 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・37 »

2015年2月12日 (木曜日)

これはマニアなブルーベック盤

久々のデイブ・ブルーベックである。僕はブルーベックがお気に入りなのだが、我が国では、どうもブルーベックは人気が無い。音楽の好きな人のレベルで、昔、アリナミンVの宣伝でお馴染みとなった「テイク・ファイブ」を演奏したバンドのリーダー、という位の認識しか無い。

そんな我が国で人気がイマイチのブルーベックである。ブルーベックのアルバムばかり紹介していると、「マスター、またブルーベックなん」とか「ブルーベックってそんなにええのん」なんて声があちらこちらから聞こえてきそうで、最近、ちょっと控えめにしてきた。が、やはり、久々に聴くと、ブルーベック・カルテットは良い。

今日は、そんなブルーベックのアルバムの中から、ちょっとマニアックなアルバム、Dave Brubeck『Jazz: Red Hot & Cool』(写真左)を選択。1954年1月18日、ニューヨークの「Basin Street East」でのライブ録音。ちなみにパーソネルは、Paul Desmond (as), Dave Brubeck (p), Bob Bates (b), Joe Dodge (ds)。

冒頭「Lover」の始まりから、ライブ・ハウスの中の様々な音が聴こえる。ガラスのコップの触れあう音、ナイフ&フォークが触れあう音、ライブ音源ならではの臨場感が実に良い雰囲気だ。そこに、まずデスモンドのアルトが滑り込む様に旋律を奏でる。これが良い。このデスモンドのアルトが、ブルーベック・カルテットの一番の「売り」だ。

柔らかで円やかで流麗なデスモンドのアルト・サックス。ジャズは煙と汗の中、激しく、エモーショナルな演奏を奏でるもの、とする向きには、全く正反対のデスモンドのアルト。昔は「軟弱アルト」と陰口を叩かれたものだ。今では、スムース・ジャズの先駆けも先駆け、彼のテクニックの高さと共に、高い評価を得ている。
 

Jazz_red_hot_and_cool

 
そして、ブルーベックのピアノ。スイングしないジャズ・ピアノと揶揄されるブルーベックのピアノだが、どうして、しっかりスイングしている。そう、ブルーベックはライブ演奏でこそスイングする。しかし、そのスイングは黒人ジャズメンの粘りのあるオフビートなスイングでは無く、白人らしい、クラシックの様に整然とした、スクエアなスイング感なのだ。

我が国では、硬派なジャズ者の方々は「ジャズを演奏するのに、クラシックの様に整然とした、スクエアなスイング感とは何事か」ということになって、ブルーベックは常に「分が悪い」。でも、この個性的なスイング感こそが、ブルーベックの真骨頂であり、ブルーベックの最大の個性なのだ。一聴するだけでブルーベックと判るスイング感。

ボブ・ベイツのベースとジョー・ドッジのドラムも堅実でテクニックも優秀。この二人がバックを支えているからこそ、フロントでデスモンドのアルトとブルーベックのピアノが、心ゆくまでインプロビゼーションを展開することが出来る。ブルーベックの独特のスイング感をしっかり理解し、しっかりサポートするこのリズム・セクションは地味だがなかなかに優秀。

良いライブ盤です。とにかく演奏される曲という曲の演奏の雰囲気が実に良い。しなやかなインプロビゼーション、リラックスしたリズム&ビート。そこに、柔らかで円やかで流麗なデスモンドのアルト・サックスが乱舞し、硬質でスクエアなスイング感のブルーベックのピアノが絡む。ブルーベック・カルテットここにあり、という感じの聴いて楽しいライブ盤です。

 
 

震災から3年11ヶ月。決して忘れない。まだ3年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 三輪洋子の『Fadeless Flower』 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・37 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/58913039

この記事へのトラックバック一覧です: これはマニアなブルーベック盤:

« 三輪洋子の『Fadeless Flower』 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・37 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ