最近のトラックバック

« これはマニアなブルーベック盤 | トップページ | 三輪洋子の『Canopy of Stars』 »

2015年2月13日 (金曜日)

ビッグバンド・ジャズは楽し・37

これはこれは、素晴らしいビッグバンドに成長したものだ。ジャズ・ピアニスト、小曽根真が率いる「No Name Horses(以降、略してNNH)」である。ピアニスト小曽根真が率いる総勢15名のビッグバンド。メンバーはいずれも日本を代表するミュージシャン。このNNHの最新アルバムが、これまた、素晴らしい内容のアルバムに仕上がっている。

そのアルバムとは、小曽根真 featuring No Name Horses『ROAD』(写真左)。JAZZ LIFE DISC GRAND PRIX にてアルバム・オブ・ザ・イヤー2014 第1位を受賞。ビッグバンドがアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞するのも珍しいが、日本人リーダーのビッグバンドがこういう大きな賞を受賞するのは、穐吉敏子=ルー・タバキン・ビッグバンド以来ではなかろうか。

収録曲は以下の2曲。「ビッグ・バンド交響詩“ROAD”」と「ラプソディ・イン・ブルー」の2曲構成である。まずは、1曲目の「ビッグ・バンド交響詩“ROAD”」。重厚な一大音楽絵巻、小曽根渾身の交響詩。しっかりと大胆かつ細心に書き込まれたビッグ・バンド交響詩。

このビッグ・バンド交響詩を聴くと、ジャズのビッグバンドがここまでの様々な表現が出来るとは、と先ずは思わずビックリする。ダイナミックな展開から繊細な表現まで、音の大きさからすると、フォルテッシモからピアニッシモまで、相当に広大なダイナミックレンジ。アンサンブル、ユニゾン&ハーモニーのニュアンスの豊かさ。まるで、ビッグバンドがクラシックのオーケストラに置き換わったかのような、素晴らしくアーティスティックな音世界。
 

Nnh_road

 
そして、2曲目が「ラプソディ・イン・ブルー」。ジョージ・ガーシュウィンの名曲である。このクラシックの名曲のスコアをそのまま、ビッグバンド・ジャズに移し替えたような、正統な「ラプソディ・イン・ブルー」。変にアレンジしたり、変に加工したりすることは一切無し。正面から「ラプソディ・イン・ブルー」に向き合い、真っ当にアレンジされた「ラプソディ・イン・ブルー」。

そんな「ラプソディ・イン・ブルー」を最高テクニックを誇るNNHが、渾身の演奏で表現していく。適度な緊張感が清々しい、端正なビッグバンド・ジャズ。破綻の無い、崇高な構築美が眩しいくらいの「ラプソディ・イン・ブルー」である。

さすがに、JAZZ LIFE DISC GRAND PRIX にてアルバム・オブ・ザ・イヤー2014 第1位を獲得しただけはある内容である。惜しむらくは、あまりにアーティステックで端正で破綻の無い分、最後まで聴き通すと、ちょっと「トゥー・マッチ」に感じるところ。

演奏の密度も濃く、アレンジも重厚な為、気が向いたときにサクッと気軽に聴く、という感じのアルバムでは無い。しっかりと構えて、対峙するように聴き込むアルバムという感じが強い。アート度が高いと言って良い。ちょっとアート度が高すぎて、ポップな雰囲気が希薄なので、その辺のところで好き嫌いが分かれるのでは、と感じている。

素晴らしい内容のアルバムである。日本のビッグバンド史に残る名盤であると思う。しかし、「ジャズ史上の名盤、必ずしも愛聴盤ならず」という格言があるが、この小曽根真 featuring No Name Horsesの『ROAD』は、その類の一枚かもしれない。

 
 

震災から3年11ヶ月。決して忘れない。まだ3年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« これはマニアなブルーベック盤 | トップページ | 三輪洋子の『Canopy of Stars』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/58924396

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグバンド・ジャズは楽し・37:

« これはマニアなブルーベック盤 | トップページ | 三輪洋子の『Canopy of Stars』 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ