最近のトラックバック

« ネアカなゴキゲン・ジャズです。 | トップページ | ラテン・フュージョンの草分け »

2015年1月29日 (木曜日)

硬派やな〜ハードやな〜、っと

聴いて楽しい、聴いて易しいジャズも良いが、硬派でシリアスでハードなジャズもこれまた良い。今日はハードなメインストリームなジャズを一気聴き。そのアルバムとは、森山威男『Live at Lovely』(写真左)。ジャケ写もモノクロで硬派な格好良い、ポリリズミックな情熱ドラマー、森山威男のライブ盤である。

1990年12月28日・29日、名古屋のライブハウス「Lovely」でのライブ録音。ちなみにパーソネルは、森山威男 (ds), 井上淑彦(ts,ss), 板橋文夫 (p), 望月英明 (b)。純日本のメンバー構成。

1978年録音の佳作『Hush-A-Bye』(2013年8月29日のブログ参照・左をクリック)の時と、ピアノの板橋、ベースの望月が同じ。つまり、リズム・セクションは『Hush-A-Bye』のリズム・セクションそのまま。

収録された曲については以下の通り。板橋の作品が名曲「渡良瀬」「グッドバイ」を含む4曲。加えて、スタンダードの「Hush-A-Bye」で全5曲となります。1曲目の「Sunrise」と4曲目の「Hush-A-Bye」が、1978年録音の佳作『Hush-A-Bye』に収録されていた。恐らく、森山のお気に入りなのだろう。
 

Live_at_lovely

 
1.Sunrise
2.Watarase
3.Exchange
4.Hush-A-Bye
5.Goodbye

このライブ盤『Live at Lovely』では、先にご紹介した1曲目の「Sunrise」と4曲目の「Hush-A-Bye」の演奏も素晴らしいが、板橋の作品の4曲がこれまた素晴らしい出来。特に、名曲「渡良瀬」は筆舌に尽くしがたい演奏。エモーショナルで切れ味鋭いアドリブ・フレーズが満載。カルテットが渾然一体となって、畳みかけるようにインプロビゼーションを展開していく。

硬派なメインストリーム・ジャズ、時々フリー・ジャズ。演奏全体の雰囲気は、後期コルトレーン・ジャズ。しかし、テナーの井上は決して「シーツ・オブ・サウンド」をやらない。力強く墨絵のようにモーダルなフレーズを漂わせていく。森山も絶好調、板橋も絶好調、望月も絶好調。渾然一体となったモード・ジャズ。

硬派やな〜、ハードやな〜。でも、聴いている間の、そして聴き終えた後の爽快感は格別なもの。聴いて楽しい、聴いて易しいジャズも良いが、硬派でシリアスでハードなジャズもこれまた良い。ジャズ者初心者の方々にはちょっとビターですが、これもジャズ。一度は聴いて欲しい『Live at Lovely』です。

 
 

震災から3年10ヶ月。決して忘れない。まだ3年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ネアカなゴキゲン・ジャズです。 | トップページ | ラテン・フュージョンの草分け »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/58748734

この記事へのトラックバック一覧です: 硬派やな〜ハードやな〜、っと:

« ネアカなゴキゲン・ジャズです。 | トップページ | ラテン・フュージョンの草分け »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ