最近のトラックバック

« クールでアーバンなエレ・ジャズ | トップページ | ロリンズは「我が道を行く」 »

2015年1月25日 (日曜日)

近未来的なピアノ・トリオの音

このユニットも日本発の「テクノ・ジャズ」のひとつと言って良いだろう。ピアノ、ベース、ドラムスによる伝統的なアコースティック・トリオとプログラミングを融合させ、アコースティック独特の美しいメロディと有機的なリズム&ビートが近未来的な響きを醸し出し、ジャズ・ピアノ・トリオの未来形とも言える音を提示する。

日本人ピアニストによる、エレクトロニカ=インストゥルメンタルと表現しても良い。そのユニット名は「Schroeder-Headz」。「シュローダー・ヘッズ」と読む。「シュローダー」とは、アメリカの有名なアニメ「PEANUTS」(日本名:スヌーピー)に登場する、トイ・ピアノを弾くシュローダー君のこと。このシュローダー君に因んだユニット名である。2010年に『NEWDAYS』にてデビューしている。

さて、そんな「Schroeder-Headz」のアルバムの中で、我がバーチャル音楽喫茶『松和』でヘビーローテションになっているアルバムが『Synesthesia』(写真左)。Schroeder-Headzは百戦錬磨のキーボード奏者&クリエイターである渡辺シュンスケのソロ・プロジェクト。このアルバムには、近未来的なピアノ・トリオの音が充満している。

アルバム紹介文を紐解くと「美しいメロディを奏でるリリカルなピアノを中心にベース、ドラムが紡ぐオーガニックなビートとプログラミングを融合させたオリジナリティ溢れる音楽世界」とある。確かに、この紹介文の通りの音作りで、とにかくアコースティック・ピアノの音が実に美しく響く。
 

Synesthesia

 
しかし、アコースティック・ピアノの音が美しく響くだけだと、それだけのピアノ・トリオ盤で終わるのだが、そこにプログラミングされた有機的なリズム&ビートが絡むと、その音世界は一変して「テクノ・ジャズ」の雰囲気に早変わりする。しかし、アコースティック・ピアノの音の美しさは変わらない。そこが面白い。

一言で言うと、アコースティックなピアノ・トリオ音とシーケンス音とストリング音が整然と混在し、生音と電気音が自在に交差する感じ。主宰の渡辺シュンスケいわく「人間とシンセサイザーが汗をかいて一緒にやっているようなものになった」。う〜ん、なるほど、と感心。

アルバム・タイトルの「Synesthesia」とは「共感覚=色に音を感じたりする特殊な知覚現象」の意。鍵盤楽器の音の美しさと躍動感に、聴き手の知覚が共鳴する感覚のアルバムである。

『Synesthesia』のジャケットは、人気イラストレイターの中村佑介さんによるもの。このジャケットって、このアルバム『Synesthesia』の音世界を上手く表現している。『Synesthesia』の音世界って、イラストにしたら、確かにこんな感じやね。実に美しく的確なジャケットです。

 
 

震災から3年10ヶ月。決して忘れない。まだ3年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« クールでアーバンなエレ・ジャズ | トップページ | ロリンズは「我が道を行く」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/58701684

この記事へのトラックバック一覧です: 近未来的なピアノ・トリオの音:

« クールでアーバンなエレ・ジャズ | トップページ | ロリンズは「我が道を行く」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ