最近のトラックバック

« 今年も大晦日、今年も有り難う | トップページ | ピーターソン晩年の「魂の演奏」 »

2015年1月 4日 (日曜日)

風邪の床で新年一番に聴いた盤

やっとのことで、明けましておめでとうございます。今年も、我がバーチャル音楽喫茶『松和』をよろしくお願いします。1月2日から再開の予定が、この4日になってしまいました。

というのも、昨年の暮れの29日から体調が悪化、以来、咳が激しく熱が上がったり平熱に戻ったり。熱は最高でも37.7度で、症状的にインフルとは異なりましたが、30日から一昨日の2日までは発熱が引かず、難渋しました。やっと昨日、一日通じて平熱に下がりましたが、振り返れば、満5日間、伏せっていたことになります。体力的にも精神的にも疲れました。
 
しかし、伏せってたおかげで、CDは結構な枚数を聴くことが出来ました(笑)。日頃、なかなか聴くことが出来ないアルバムを、しこたま積み上げて順番に聴いていました。風邪での発熱は辛かったですが、これはこれで、なかなか良かったです(笑)。
 
そんな中で、新年一番に聴いたアルバムが、Keith Jarrett『The Carnegie Hall Concert』(写真左)。2005年9月26日、ニューヨークはカーネギー・ホールでのライブ録音になります。内容としては、キースのソロ・ピアノである。
 
このカーネギー・ホールでのキースのソロはそれまでのソロ・パフォーマンスと趣が異なる。CD2枚組の中で、収録されたソロ・パフォーマンスについては、1〜10曲目までは曲名が明確では無く、いつものソロ・パフォーマンスらしく「Part I〜X」と名付けられている。CDの1枚目に「Part I〜V」までが収められ、CDの2枚目に「Part V〜X」を収録。が、趣が異なるのが、「Part V〜X」以降に唐突に続いて演奏される11曲目以降。
 
11. The Good America - 6:47
12. Paint My Heart Red - 8:30
13. My Song - 8:04
14. True Blues - 7:00
15. Time on My Hands (Adamson, Gordon, Youmans) - 7:30
 
 
Keith_carnegie_hall_concert
 
 
キースのソロ・ピアノとしては、実に珍しく、具体的なタイトルが付いている、どころか、自身の以前ヨーロピアン・カルテットで演奏した名曲「My Song」をソロ・ピアノで再演し、ラストでは、スタンダードの「Time on My Hands」を聴衆の目の前でソロ・パフォーマンスしている。
  
もともと、キースのピアノとは、バルトークやストラビンスキー風の、クラシックな雰囲気が濃く漂う、アブストラクトでややフリーな面と、米国のルーツ・ミュージックをベースとした、ゴスペルチックでアーシーな味わいのフォーキーな面の「2面性」が特徴だと思っている。
 
このアルバムでも、CD1枚目から2枚目前半の「Part I〜X」もそうなんだが、バルトークやストラビンスキー風の、クラシックな雰囲気が濃く漂う、アブストラクトでややフリーな面を前面に押し出したソロ・パフォーマンスは多く出た。これがまあ、内容的には高尚すぎて、ジャズ者の方々にはちょっと重荷になっているかと思います。

しかし、ゴスペルチックでアーシーな味わいのフォーキーな面を前面に押し出したソロ・パフォーマンスはなかなか出てこない。が、この『The Carnegie Hall Concert』のCD2枚目の後半で、その「ゴスペルチックでアーシーな味わいのフォーキーな面を前面に押し出したソロ・パフォーマンス」がドバーっと出てくる。

キースのソロ・パフォーマンスにしては、どういう風の吹き回しなのかは判らないが、キースのソロ・パフォーマンスの「2面性」がしっかり出ていて、このCD2枚組は実に良い内容に仕上がっていると思う。キースのソロ・パフォーマンスの原点に立ち戻ったような『The Carnegie Hall Concert』。新年一番に聴くに相応しいアルバムだと思いました。これも年末年始に寝込んだお陰で、「風邪さまさま」ですね(笑)。

僕も今年は、ジャズ者の原点に立ち戻って、一層、ジャズ盤と70年代ロックそして、70年代Jポップのコレクションを充実させていきたい、と思っています。今年もよろしくお願いします。
 
 
 

震災から3年9ヶ月。決して忘れない。まだ3年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 今年も大晦日、今年も有り難う | トップページ | ピーターソン晩年の「魂の演奏」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/58473206

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪の床で新年一番に聴いた盤:

« 今年も大晦日、今年も有り難う | トップページ | ピーターソン晩年の「魂の演奏」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ