最近のトラックバック

« 渡辺香津美の全編アコギの傑作 | トップページ | ドゥービー兄弟は眠らない »

2015年1月13日 (火曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・43

ジャズというジャンルの音楽を聴き始めて約40年になる。よくまあ飽きずに聴いてきたなあ、と思うし、それだけ、ジャズは裾野が広くて奥が深いということになる。とにかく飽きない、というか、毎回毎回、新しい発見というか、新しい感覚があって面白い。

そんなジャズ者ベテランにも、ジャズ者初心者の時代が絶対にある。いきなり、ジャズを聴き始めて、一朝一夕にジャズ者ベテランになる訳が無い。今から思えば、ジャズ者初心者の頃に聴いたら、もっと早くジャズに親しめたのになあ、と思うアルバムがある。

そんなジャズ者初心者向けのジャズ盤が幾枚かある。時折、我がバーチャル音楽喫茶『松和』でもかけるアルバムである。そのアルバムとは、The Super Jazz Trio『The Standard』(写真左)。1980年2月の録音。ちなみにパーソネルは、Tommy Flanagan (p), Reggie Workman (b), Joe Chambers (ds) 。

フラガナンをリーダーにした、企画型のピアノ・トリオである。スーパー・ジャズ・トリオなんていう、凄い「ベタ」なバンド名が付いているが気にしないでおこう。収録曲を見渡せば、全編通して超有名曲ばかりが続く「凄まじい選曲」。これは、硬派なジャズ者ベテランの方々から不評を買いそうな「問題盤」である(笑)。

まあ、確かに、硬派なジャズ者ベテランの方々からは、「こんな超スタンダード曲ばかりのピアノ・トリオ盤なんて、今更聴けるかい」というブーイングが聴こえて来そうだ。でもね、ジャズ者初心者って何時の時代にも存在するし、ジャズ者ベテランの方々だって、必ずジャズ者初心者の時代があったはず。
 

The_super_jazz_trio_the_standard

 
こんな超スタンダード曲ばかりのピアノ・トリオ盤って、ジャズ者初心者にとっては助かるんですよね。ジャズを聴き進める上で、超スタンダード曲というのは「必須科目」みたいなもので、超スタンダード曲に馴れ親しむには、ジャズ者初心者にとっては早ければ早いほど良い。

確かに、超スタンダード曲を詰め込んだお気楽な出来の悪い企画盤も無いでは無いが、このアルバムは違う。内容も充実していて、聴き応え十分。このアルバムは、ジャズ者初心者の方々に最適なピアノ・トリオ盤。加えて、ジャズ者ベテランの方々にも聴いて貰いたい「超スタンダード充実盤」である。 

「いぶし銀の様なピアニスト」とか「名盤請負サイドメン」とか評されるが、僕はそうは捉えていない。ピアニストのトミー・フラナガンは「ハード・バッパーなピアニスト」である。メリハリ効いたタッチで、グイグイ弾き倒す、そんなピアニストである。だからこそ、バラード演奏が繊細で美しく映えるのだ。

そんな「ハード・バッパーなピアニスト」を支えるベースのレジー・ワークマンが、これまた「凄い」。テクニックを駆使して、ブンブン低音響かせ弾きまくる弾きまくる。そして、ジョー・チェンバースも、これまた「凄い」。テクニックを駆使して、コンコンドンドコ低音響かせ叩きまくる叩きまくる。

このピアノ・トリオ盤、企画ものでありながら、ジャズ者ベテランの耳にも十分に響く「優れもの盤」だと思います。とにかく聴き易くて、かつ退屈しない。内容的にもかなり充実していて聴き応え十分。良いピアノ・トリオ盤です。ジャケットも雰囲気があって良し。

 
 

震災から3年10ヶ月。決して忘れない。まだ3年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 渡辺香津美の全編アコギの傑作 | トップページ | ドゥービー兄弟は眠らない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/58572901

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・43:

« 渡辺香津美の全編アコギの傑作 | トップページ | ドゥービー兄弟は眠らない »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ