最近のトラックバック

« 「しみじみ」とするジャズが良い | トップページ | エバンス者には「聴く価値あり」 »

2014年12月26日 (金曜日)

「看板に偽りあり」と言うけれど...

『The Complete Bitches Brew Sessions』(写真)。マイルスが1969年8月から70年2月に残したスタジオ録音を集め、1998年に発売された4枚組ボックス盤である。

このボックス盤は発売当時、思いっきり物議を醸し出した。タイトルを見ると、『Bitches Brew』に用いられた未編集テープや別テイク等の素材を集めたもの、という印象を受けるが、それは間違いで、本作は『Bitches Brew』製作当時の、つまり、1969年8月から70年2月に残したスタジオ録音楽曲を集めたもの、なのである。

とある著名な評論家が「看板に偽りあり」と糾弾したこともあって、このアルバムは「偽りの紛い物」扱いされていて、実に気の毒な境遇にある。中古品に至っては二束三文的な価値しか与えられず、その高いレベルの内容の割に不遇なボックス盤の代表格になってしまった。

収録曲は以下の通りになる。

Disc one

    "Pharaoh's Dance" (Joe Zawinul) - 20:06
    "Bitches Brew" (Miles Davis) - 26:58
    "Spanish Key" (Davis) - 17:34
    "John McLaughlin" (Davis) - 4:22

Disc two

    "Miles Runs the Voodoo Down" (Davis) - 14:01
    "Sanctuary" (Wayne Shorter) - 10:56
    "Great Expectations" (Davis - Zawinul) - 13:45 available on Big Fun
    "Orange Lady" (Zawinul) - 13:50 available on Big Fun
    "Yaphet" (Davis) - 9:39 previously unreleased
    "Corrado" (Davis) - 13:11 previously unreleased
 

The_complete_bitches_brew_sessions

 
Disc three

    "Trevere" (Davis) - 5:55 previously unreleased
    "The Big Green Serpent" (Davis) - 3:35 previously unreleased
    "The Little Blue Frog" (alternate take) (Davis) - 12:13 previously unreleased
    "The Little Blue Frog" (Davis) - 9:09 previously unreleased
    "Lonely Fire" (Davis) - 21:09 available on Big Fun
    "Guinnevere" (David Crosby) - 21:07 available on Circle in the Round

Disc four

    "Feio" (Shorter) - 11:49 previously unreleased
    "Double Image" (Zawinul) - 8:25 previously unreleased
    "Recollections" (Zawinul) - 18:54 previously unreleased
    "Take It or Leave It" (Zawinul) - 2:13 previously unreleased
    "Medley: Gemini / Double Image" (Zawinul) - 5:52 available on Live-Evil

 

見渡せば、結構「previously unreleased(未発表曲)」の表記があって、意外とこのボックス盤はブート盤などに精通した「ヲタク」なマイルス者では無く、普通のマイルス者にとっては、『Bitches Brew』製作当時の、つまり、1969年8月から70年2月に残したスタジオ録音楽曲の中で、正式な音源として「未発表な」ものが聴ける、貴重なボックス盤だったりするのだ。

この「previously unreleased(未発表曲)」の表記がある曲は、ちょっとテンションが低く、漂う様な雰囲気の曲が多いのだが、意外にこれが良い。1970年代のプログレッシブ・ロックを聴き込んだ僕としては、この1970年前後の独特のプログレッシブな「浮遊感」が良いんですね。シタールの音も意外としっくりきます。

確かに「The Complete」の文字に偽りあり、なんだろうが、それはそれとして、もう少し、その内容について正確に伝えるべきだろう。ブート盤など、おいそれ手の出せない、普通のマイルス者にとっては、これはこれで、入手して一聴する価値のあるボックス盤だと僕は思う。

 
 

震災から3年9ヶ月。決して忘れない。まだ3年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 「しみじみ」とするジャズが良い | トップページ | エバンス者には「聴く価値あり」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/58385223

この記事へのトラックバック一覧です: 「看板に偽りあり」と言うけれど...:

« 「しみじみ」とするジャズが良い | トップページ | エバンス者には「聴く価値あり」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ