« フュージョン・ジャズは進化する | トップページ | ロリンズ自然体のフュージョン盤 »

2014年12月18日 (木曜日)

こんなアルバムあったんや・39

ジャズは、かなりの面で「何でもあり」の音楽ジャンルで、どう考えても相性が良くないでしょう、という楽器同士が共演したりして、しかも、それがなんと、成功を収めることがしばしばある。

例えば、このアルバムなどがその好例。Gary Burton & Stéphane Grappelli『Paris Encounter』(写真)。1969年11月のフランスはパリでの録音。ちなみにパーソネルは、Gary Burton (vib), Stéphane Grappelli (vl), Steve Swallow (el-b), Bill Goodwin (ds) 。

ジャズ・ヴァイブ奏者のゲイリー・バートンとジャズ・バイオリン奏者のステファン・グラッペリという異色の組みあわせによるアルバムである。バートンが欧州ツアー中に実現したセッションで、バートンのバンドにグラッペリがゲスト参加したという形で録音されたセッションの記録。

和音でバッキングを司るピアノが無く、ヴァイブとバイオリンという高音域&旋律楽器同士がフロントを張るという、全く異色の編成。どちらかのテクニックが劣っていたり、どちらかの楽器に協調性が欠落していたりすると、まともに聴けたもんじゃなくなる危険性を孕んだ編成である。

しかし、このアルバムでの、ヴァイブのバートンとバイオリンのグラッペリは大変優れた演奏家であることがよく判る。テクニックは二人とも飛び抜けて優秀、演奏の中での協調性は抜群。お互いの楽器を損ねることなく、お互いの楽器をたてることで、一期一会の相乗効果を生み出している。
 

Paris_encounter

 
冒頭の「Daphné」を聴くと、二人の優秀性がよく判る。ヴァイブとバイオリン、速弾きは出来ないんじゃないか、と揶揄されやすい楽器なんだが、どうしてどうして、高速パッセージをユニゾン&ハーモニーで繰り出す繰り出す。雰囲気はビ・バップ。一糸乱れぬユニゾン&ハーモニー。

2曲目は打って変わって、モード・ジャズの難曲「Blue in Green」。ヴァイブとバイオリンのモード演奏は聴いていて味わい深い。録音年1969年。ジャズはクロスオーバー・ジャズに差し掛かる頃。そんな時代に、このアーティスティックな演奏には目を見張る。

この冒頭からの2曲を聴いて判る様に、このアルバムは、単にバートンのバンドにグラッペリがゲスト参加したという、おざなりの邂逅セッションでは無い。バートンとグラッペリの思惑が一致した、実に野心的なセッションの記録である。

バックのリズム・セクションを務めるベースのスワローとドラムのグッドウインは、バートン・バンドのメンバー。このリズム・セクションの感覚は「新しい」。バートンはともかく、グラッペリがこの「新しい」感覚のリズム・セクションをバックに、新しい感覚のジャズ・バイオリンを弾きまくる。圧巻である。

このアルバム、『パリのめぐり逢い』などと甘ったるい邦題がついているが、内容は決して甘くない。逆に内容は硬派でアーティスティックである。録音当時としては、かなり「先進的な」内容。もとより、映画の「パリのめぐり逢い」のサントラとは全く関係が無い。ややこしい邦題を付けたもんだ(笑)。

 
 

震災から3年9ヶ月。決して忘れない。まだ3年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« フュージョン・ジャズは進化する | トップページ | ロリンズ自然体のフュージョン盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・39:

« フュージョン・ジャズは進化する | トップページ | ロリンズ自然体のフュージョン盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー