最近のトラックバック

« World Music系のXmasジャズ | トップページ | アキコ・グレースの「今」の原点 »

2014年12月11日 (木曜日)

1970年代マクラフリンの総決算

エレ・マイルスから現れ出でた、自由度の高い、ハイテクニックでジャズ・ロックなエレギ。ジョン・マクラフリンである。この人のエレギは凄い。とにかくテクニックがもの凄い。そして、音色のバリエーションが凄い。そして、出てくるフレーズの自由度が相当に高い。アル・ディ・メオラと並んで、ジャズ・ロックなエレギの最高峰。

そんなマクラフリンの1970年代の演奏活動の総決算的なアルバムがある。John Mclaughlin『Electric Guitarist』(写真)である。1978年のリリース。前半3曲はマクラフリンともう一人のソロイストを中心としたセッション。後半4曲はクァルテット、トリオ、デュオと1曲ごとにメンバーが減っていき、最後にマクラフリンのソロで締めるという構成。

この構成を見ても、このアルバムは、1970年代のマクラフリンの総決算的な位置づけのアルバムということが言える。様々な表現を駆使するマクラフリンを聴くことが出来て、とにかく、マクラフリンの凄さが思いっきり体感できる。

参加ミュージシャンが凄い。冒頭の「New York On My Mind」は、マクラフリン的にハードで捻くれてはいるが、意外とソフト&メロウなフュージョン・テイストのミディアム・テンポが心地良い演奏。Stu Goldbergのキーボード、Billy Cobhamのドラム、Fernando Saundersのベースが効いている。新旧マハビシュヌ・オーケストラが合体したような布陣が凄い。

2曲目は「Friendship」は、サンタナ・バンドと後期マハビシュヌ・オーケストラが合体した様な演奏が凄い。サンタナ・バンドのTom Costerのオルガンが鍵。サンタナのロックなエレギとマクラフリンのジャズ・ロックなエレギは相性が良い。
 

Electric_guitalist

 
3曲目は「Every Tear From Every Eye」。これはズバリ、フュージョンな演奏。アルトのDavid Sanbornの参加が効いている。フュージョンの雄、サンボーンに触発されたマクラフリンのフュージョン。この音が1980年代のマクラフリンの音のベースになる。

4曲目の「Do You Hear The Voices You Left Behind?」。これが凄い布陣。Chick Coreaのキーボード、Stanley Clarkeのベース、Jack DeJohnetteのドラム。そこにマクラフリンのエレギ。なんじゃ〜、この豪華で一期一会な布陣は。デジョネット、クラークが叩き出すトロピカルなリズムに乗って、マクラフリン全開。後半、コリアが乱入。凄いなあ。

5曲目の「Are You The One? Are You The One?」は、ドラムにTony Williams、ベースにJack Bruce。初期のライフタイムを再現した布陣。エレ・マイルスに参入していた頃の、マクラフリンのアブストラクトなフレーズが懐かしい。 

そして、6曲目の「Phenomenon: Compulsion」が良い。マクラフリンとBilly Cobhamのドラムとのデュオなんだが、これが素晴らしい。このデュオの演奏でのマクラフリンが、このアルバムの中で一番テンションが高い。さすが、マハビシュヌの推進エンジンの二人。凄まじい凄まじい。

そしてそして、ラストのジャズ・スタンダード曲「My Foolish Heart」は、マクラフリンのソロ。これがまあ、やっぱりマクラフリンって、ジャズ・ギタリストなんやなあ、と心から思わせてくれる。マクラフリンの個性を最大限に振りまきながら、唄うようにエレギを弾き上げていく。

当時、マイルスはマクラフリンのプレイを「far in(奥深い)」と表現した。彼のエレギを高く評価していたのだ。そのエピソードが良く理解出来る、1970年代のマクラフリンの総決算的アルバムである。

 
 

震災から3年9ヶ月。決して忘れない。まだ3年9ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« World Music系のXmasジャズ | トップページ | アキコ・グレースの「今」の原点 »

コメント

こんばんは、お邪魔いたします。
久しぶりに。
最近、あまり激しいのは、体力的にキツくなってきましたが
やっぱり聴きたくなるんですよね。
70年代に育った世代の我々は。
ブレッカーブラザーズなんかはまだ時々聞いています。
このアルバムは実は聞いていません。
体力持つかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/58240964

この記事へのトラックバック一覧です: 1970年代マクラフリンの総決算:

« World Music系のXmasジャズ | トップページ | アキコ・グレースの「今」の原点 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ