最近のトラックバック

« 歴代のテナー・マンの中でピカイチ | トップページ | ルーさんは歌心満点のアルト奏者 »

2014年11月20日 (木曜日)

ハンク・モブレーも歌心満点である

ジャズの歴史の中での歌心満点のテナー・マン、と思いを巡らせば、そうそう、ハンク・モブレーもそうだよな、と思い立つ。僕がジャズを聴き始めた頃、1970年代後半では、モブレーは「B級テナー」というレッテルを貼られて、一流では無いが、玄人好みの味のあるテナー・マンとして扱われていた。

いつの頃からか、モブレーに対して「B級テナー」は失礼だろう、ということで、ロリンズやコルトレーンをボクシングのヘビー級のボクサーになぞらえ、モブレーはミドル級のテナー・マンだ、などという良く判らない評価を与えられてもいた。どうも、モブレーというテナー・マンは評価に困るところがあるテナー・マンなんだろうな、とつくづく思う。

確かに、モブレーのアルバムを聴き直してみると、一流テナー・マンとして、その実力を遺憾なく発揮したアルバムというのが少ない。共演者に勢いで負けたり、共演者の豪華さに萎縮したり、結構、ナーバスなところがあるテナー・マン。とにかく、開き直るか、躁状態にならないと、その実力を遺憾なく発揮するというところまで行き着かない、ちょっと「困ったちゃん」なテナー・マンである。

しかし、そんなモブレーが、その実力を遺憾なく発揮した貴重なアルバムがある。Hank Mobley『Soul Station』(写真左)。ブルーノートの4031番。1960年2月の録音。ちなみにパーソネルは、Hank Mobley (ts), Wynton Kelly (p), Paul Chambers (b), Art Blakey (ds)。

モブレーのワン・ホーン作品である。豪快に吹きまくるテナーでは無い。しかし、アドリブ・フレーズには味がある。ブロウの芯はシッカリしていて、優しく丸みを帯びている。
 

Soul_station

 
モブレーは作曲の才に優れる。本当に良い曲を書く。その自作曲のフレーズは優しく印象的。そんな自作曲を、耳に優しい爽やかなブロウで吹き上げていく。そんな自作曲が4曲。

地に足の付いた着実なブロウである。大向こう張る様な派手さは無いが、一聴するとややもすれば地味に感じるブロウの中に「粋」と「侘び寂び」が見え隠れする。ファンクネスが見え隠れするのでは無い。モブレーのブロウには「粋」と「侘び寂び」が見え隠れする。静けさと儚さが拮抗する中で、モブレーは印象的なアドリブ・フレーズを吹き上げて行く。

そんなモブレーがスタンダード曲を吹くと、それはそれは爽やかだ。冒頭の「Remember」は絶品。決して、力業なブロウでは無い。静的なアドリブ・フレーズ。堅実に吹き進めるモブレー独特のフレーズの中に「粋」と「侘び寂び」が見え隠れする。創造的で爽快感のあるインプロビゼーション。軽いのでは無い。爽快なのだ。この爽快感はラストのスタンダード曲「If I Should Lose You」にも満載。

ピアノのケリー、ベースのチェンバースは仲良し友達。そして、ドラマーのブレイキーは頼れる親父の様な存在。そこに、最大の理解者であるブルーノートの総帥アルフレッド・ライオンがプロデューサーとして控えている。もブレーにとっては、リラックスして集中出来る最高の録音環境だったのだろう。

モブレーにとって、この『Soul Station』があって良かった。このアルバムこそ、モブレーが一流テナー・マンとして、その実力を遺憾なく発揮したアルバムだと言える。ハンク・モブレーもジャズの歴史の中で、歌心満点のテナー・マンの一人である。

 
 

震災から3年8ヶ月。決して忘れない。まだ3年8ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 歴代のテナー・マンの中でピカイチ | トップページ | ルーさんは歌心満点のアルト奏者 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/58044204

この記事へのトラックバック一覧です: ハンク・モブレーも歌心満点である:

« 歴代のテナー・マンの中でピカイチ | トップページ | ルーさんは歌心満点のアルト奏者 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ