« 北陸・小松発の和ロックバンド | トップページ | Eric Dolphy in Europe, Vol.2 »

2014年11月10日 (月曜日)

Eric Dolphy in Europe, Vol.1

ジャズ者を志して以来、エリック・ドルフィーは相当に気になる存在だった。というか、お気に入りである。あの独特の限りなくフリーな変則フレーズが、どうにもこうにも大好きなのだ。

改めて、エリック・ドルフィー(Eric Dolphy)とは何者か。1928年6月、米国ロス生まれのバス・クラリネット、アルト・サックス、フルート奏者である。特に、ジャズにおいて、バス・クラリネットを吹きこなすテクニックについては、ドルフィーの右に出る者はいない。フルートも限りなくフリーキーなブロウで相当なレベルである。

そんなエリック・ドルフィーを体感するには、どのアルバムが適当なのか。僕は『Eric Dolphy in Europe』シリーズを挙げる。vol.1からvol.3までの3枚で構成される『Eric Dolphy in Europe』シリーズ。このライブ音源が、エリック・ドルフィーとは如何なるジャズメンなのか、を教えてくれる。

まずは『Eric Dolphy in Europe, Vol.1』(写真左)を聴く。1961年9月8日、コペンハーゲンでの録音。ちなみにパーソネルは、Chuck Israels (b), Erik Moseholm (b)の二人の使い分けに、Jorn Elniff (ds), Bent Axen (p), Eric Dolphy (fl, b-cl)。
 

Eric_dolphy_in_europe_vol1

 
ドルフィーとイスラエルズの2人のデュオ「Hi-Fly」で幕を開ける。潤いのある低音が素敵なイスラエルズ。そんなベース・ラインに乗って、ドルフィーはフルートを吹く。しっかりと芯の入ったフルートが飛翔する。これがドルフィーのフルートだ。デュオなのが良い。ドルフィーのフルートの個性を心ゆくまで体感出来る。

「Glad To Be Unhappy」のフルートも官能的だ。フルートによる美しいバラード演奏は、ドルフィーの溢れんばかりの歌心を感じさせてくれる。エモーショナルで音色豊かで疾走感のあるフルートは、実に説得力のあるフルートである。

「God Bless The Child」に「Oleo」はエモーショナルでエキサイティングなバス・クラリネットの演奏。ドルフィーの全くの独り吹き。こんなにエモーショナルで音色豊かで柔らかくて芯のあるバス・クラリネットは途方も無く魅力的だ。このドルフィーのバス・クラリネットを聴いてしまうと、暫く、他のバスクラが平坦に聴こえて仕方が無くなる。罪なバスクラだ。

ドルフィーを体験するのに相応しい『Eric Dolphy in Europe, Vol.1』。まずはこの、『At The Five Spot』の様な激しさや『Out To Lunch!』の様な前衛性が影を潜めた、正統なメインストリーム・ジャズど真ん中なライブ音源で、ドルフィーのフルートとバス・クラリネットを体感するのだ。

 
 

震災から3年7ヶ月。決して忘れない。まだ3年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 北陸・小松発の和ロックバンド | トップページ | Eric Dolphy in Europe, Vol.2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Eric Dolphy in Europe, Vol.1:

« 北陸・小松発の和ロックバンド | トップページ | Eric Dolphy in Europe, Vol.2 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー