« トレーンとシェップのライブ盤 | トップページ | サザン・ロックの「今」の音です »

2014年10月23日 (木曜日)

これがジャズ演奏の「味」の部分

1950年代のハードバップ時代を駆け抜けたトラペッターの中でもユニークな存在。このタイプのトランペッターは、ジャズでのみ存在が活かされる。逆に、クラシックでは絶対に活かされない。

そんなユニークなトランペッターが、Kenny Dorham(ケニー・ドーハム)。1924年8月30日生まれ、乙女座のトランペッター。1950年代のハードバップ時代は、30歳前後の年齢的にも充実した時代で、アルバムの数も多く、かなりの活躍の跡を残している。

このケニー・ドーハムのトランペットの特徴は「ヘタウマ」。誤解しないで欲しいが「下手」と言っている訳では無い。音色は明朗で滑らか。テクニックもまずまず確か。しかし、そのフレーズはちょっと危うい。滑らかにアドリブ・フレーズを吹き進めていくのだが、ところどころで音の端々で「よれる」もしくは「ふらつく」。

この「よれる」もしくは「ふらつく」が、楽器をやっていたものにとっては、すごく「気になる」。テクニック的には水準以上のものがあるのに、フレーズの端々で、フレーズの終わりが「よれる」もしくは「ふらつく」のだ。聴いていて、そこだけ「オヨヨ」となる。スリリングではあるのだが、精神衛生上、あまり宜しくない。

この「よれる」もしくは「ふらつく」が玉に瑕なんだが、ドーハムのアドリブ・フレーズは、哀愁を帯びたファンクネス漂うフレーズなので、これがハードバップの演奏スタイルと相まって、実にジャジーに響く。このジャジーなトランペットの響きに、この「よれる」もしくは「ふらつく」が許せてしまうのだ。ジャズならではの感覚である。
 
 
Kenny_dorham_cafe_bohemia
 
 
例えば、このハードバップ時代のライブ名盤『'Round About Midnight at the Cafe Bohemia』(写真左)を聴けば、そのドーハムのトランペットの特徴が良く判る。演奏全体の雰囲気は「ハードバップど真ん中」。ドーハムはバッチリと吹きまくっている。が、フレーズのところどころが「よれる」もしくは「ふらつく」。

実は、ジャズ者初心者の頃は、この「よれる」もしくは「ふらつく」が、どうしても許せなかった。この「よれる」もしくは「ふらつく」がドーハムの個性であり特徴であり、これがジャズ演奏の「味」の部分なのだ、と許容出来るまでに結構な年月がかかった。許容出来る様になったのは、年齢的には40歳を越え、50歳が近づく頃だっただろうか。

実はこのライブ名盤『'Round About Midnight at the Cafe Bohemia』は、リーダーのケニー・ドーハムのトラペットの他に、J. R. Monterose(J.R.モンテローズ)のテナーが心ゆくまで楽しめるのだ。知る人ぞ知る、マイナーでマニアックな存在のテナーマン。このJ.R.モンテローズがガンガンに吹きまくっている。貴重だ。

ドーハム率いる伝説のハードバップ・コンボ 「ジャズ・プロフェッツ」 唯一のライブ盤。ちなみにパーソネルは、Kenny Dorham (tp), J.R. Monterose (ts), Bobby Timmons (p), Kenny Burrell (g), Sam Jones (b), Arthur Edgehill (ds) 。1956年3月31日、ニューヨークのカフェ・ボヘミアでのライブ録音。 ブルーノートの1524番。

ケニー・ドーハムのトランペットは、ジャズでのみ存在が活かされる。クラシックでは絶対に活かされない。ジャズはドーハムのペットを許容するが、クラシックは許容しない。これがジャズ演奏の「味」の部分なのだ。
 
 
 
震災から3年7ヶ月。決して忘れない。まだ3年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« トレーンとシェップのライブ盤 | トップページ | サザン・ロックの「今」の音です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これがジャズ演奏の「味」の部分:

« トレーンとシェップのライブ盤 | トップページ | サザン・ロックの「今」の音です »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー