« 突然に The Band のライブ音源 | トップページ | ハードバップの夜明けである。 »

2014年10月20日 (月曜日)

誰だ、誰だ、誰だ〜、と戸惑う

ブルーノート・レーベルのアルバムには、「へー、こんなアルバムあったんや」とか「こんなジャズメンもいたんや」って心底感心するアルバムがある。そんな中で、これは難しいぞ、これは誰だ、誰なんだと戸惑うアルバムがある。

僕はこのアルバムの存在を、東芝EMIが、ブルーノートのアルバムをカタログ番号順にリリースした、あの画期的な企画の時に初めて知った。ブルーノートの1573番の『John Jenkins With Kenny Burrell』(写真左)。そもそも、John Jenkins(ジョン・ジェンキンス)を全く知らない。当時、ジャズを聴き始めて10年以上が経過していたが、僕はジェンキンスの名前を知らなかった。

このアルバムをぼ〜っと聴いていると、このアルトは誰だ、と思い出す。録音の傾向が明らかにブルーノート・レーベルの音なので、これは明らかにブルーノートのアルバムだと判る。ブルーノートのアルト奏者かあ。

まず、ジャッキー・マクリーンかと思う。確かに、ピッチがちょっと外れてはいる。でも、マクリーンほどには外れていない。マクリーンは明らかに外れている、と判る(それが個性で良いのだが)。でも、このアルバムでのアルトは外れ方が緩い。音色はマクリーンに近いが、ピッチの外れ方は異なる。

次には、キャノンボール・アダレイかとも思うが、これは違うとすぐ思う。キャノンボールは、もっとファンキーでもっとアグレッシブに吹く。躁状態ではないか、と思うくらいに明るく、時に喧しいくらいに吹く。このアルバムのアルトは理知的だ。しっかりとまとまって、しっかりと抑制を効かせて吹き上げる。
 

John_jenkins_kenny_burrell

 
ルー・ドナルドソンでは無いことは直ぐに判る。ファンクネスが足らない。かつ、ドナルドソンとしては端正すぎる。ドナルドソンは意外とラフである。気分と雰囲気でアドリブ・フレーズを吹き進めてしまうところがある。このアルバムでのアルトは端正。ちょっと線が細いところがあるが、良く整ったアルトである。

ブルーノートは、パーカー派のビ・バッパーなアルト奏者は採用しない。チャーリー・バーカーですら、ブルーノートは触手を伸ばさなかった。ソニー・スティットも然り。もちろん、西海岸ジャズのアート・ペッパーなど論外だ。誰だ、誰だ、誰なんだと戸惑う。とまあ、判らなくても当然なんだが。そもそも、僕はジェンキンスを知らなかった。

良い雰囲気のアルトである。1957年8月の録音。ハードバップ全盛期の良き時代のジャズである。ちなみにパーソネルは、John Jenkins (as), Sonny Clark (p), Kenny Burrell (g), Paul Chambers (b), Dannie Richmond (ds)。クラーク、チェンバース、リッチモンドのリズム・セクションが良い。良きハードバップの香りがプンプンするリズム&ビート。

ジェンキンスのアルト一本ではちょっと線が細いのだが、それを補うのが、ケニー・バレルのギター。漆黒でブルージーなバレルのギターが意外に軽やかにアドリブ・ラインを紡ぎ上げていく。ジェンキンスに加えてのバレルのギターの存在が良い。プロデューサー、アルフレッド・ライオンの慧眼恐るべし、である。

誰だ、誰だ、誰だ〜、っと。ガッチャマンの歌の様に、このアルトは誰だ、と戸惑う。ブルーノート・レーベルのアルバムには、「へー、こんなアルバムあったんや」とか「こんなジャズメンもいたんや」って心底感心するアルバムがある。これがブルーノートのアルバムの楽しいところである。

 
 

震災から3年7ヶ月。決して忘れない。まだ3年7ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 突然に The Band のライブ音源 | トップページ | ハードバップの夜明けである。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰だ、誰だ、誰だ〜、と戸惑う:

« 突然に The Band のライブ音源 | トップページ | ハードバップの夜明けである。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー