最近のトラックバック

« 圧倒的演奏力なジャズロックです | トップページ | こんなアルバムあったんや・36 »

2014年10月 7日 (火曜日)

ジャズ・オルガンの祖となった。

このライブ盤によって、ジャズ・オルガンの音、ジャズ・オルガンの奏法が決定されたといっても過言では無い。このライブ盤でのジャズ・オルガンは驚異的ですらある。今をもって、このジャズ・オルガンを凌駕するキーボーティストはいない。

そのライブ盤とは、Jimmy Smith『The Incredible Jimmy Smith At Club Baby Grand, Vol. 1 & Vol. 2』(写真)。ブルーノート1528番と1529番。Club Baby Grandでのライブ音源。1956年8月の録音になる。ちなみにパーソネルは、Jimmy Smith (org), Thornel Schwartz (g), Donald Bailey (ds)。

かのマイルス・デイヴィスに紹介され、ブルーノート・レーベルのオーナー、アルフレッド・ライオンの眼鏡にかない、ブルーノート・レーベルからのジミー・スミスの登場をもって、ジャズ・オルガンの基準が確立された。そして、ジミー・スミスはジャズ・オルガンの祖となった。

Jimmy Smith At The Organ, Vol. 1から始まり、Vol. 3まで、スタジオ録音で、ジャズ・オルガンの演奏を整え、洗練し、その奏法と展開を確立。そして、満を持して世に問うたライブ盤がこの『クラブ・ベイビー・グランドのジミー・スミス』である。

このライブ盤でのジミー・スミスのオルガン演奏は圧倒的である。ビ・バップばりの目眩く速弾きの演奏もあれば、オルガンの深い情緒的な音を思いっきり活かしたバラード演奏あり、オルガンの黒いファンクネスを前面に押し出したブルース演奏あり、ジミー・スミスは自らのオルガン演奏の粋を尽くして、ガンガンに弾きまくる。

とにかく「上手い」の一言に尽きる。テクニックが抜群に素晴らしい。これだけの高度なテクニックを有してのジャズ・オルガンである。他の追従を許さないのも良く判る。これはフォロワーとして追従するには荷が重い。1956年にして、ジャズ・オルガンの世界は、ジミー・スミスの独走状態になる。
 

Jimmy_smith_baby_grand

 
そして、ジミー・スミスのオルガンの音の特徴は、レスリー・スピーカーの存在。レスリー・スピーカーとは、ロータリースピーカーの一種。高音部用のホーンと低音部用のローターを、モーターで別々に回転させてコーラス効果を発生させ、音に広がりを与える仕組みをもったスピーカーのこと。このレスリー・スピーカーの効果が、このライブ盤では良く判る。これだけレスリー・スピーカーを上手く活用したオルガニストも珍しい。

初期のジミー・スミスのオルガンのピークを捉えたライブ盤と言って良い。ギターとドラムについては、ブルーノート・レーベルからすると、ハウス・ギタリスト、ハウス・ドラマーを見渡すと、もっと良い人選もあるとは思うのだが、ライオンはまだ、ジミー・スミスの人選のまま、彼の好きなままにさせている。

よって、このライブ盤で思いっきり目立って、思いっきり前面に出ずっぱりになるのは、ジミー・スミスのオルガンのみ。たまに、ソーネル・シュワルツのギター・ソロが展開されるが如何せん線が細い。ストローク奏法でバックに回っても、如何せん音が小さい。これでは目立とうにも目立たない。ドラムも忠実にリズムをキープする役割に徹していて、これもあまり目立たない。

つまり、このライブ盤は、ジミー・スミスのオルガンの独壇場。ジミー・スミスのオルガンだけが目立ち、ジミー・スミスのオルガンだけを愛でる。それに主眼をおいたライブ盤である。さすがはブルーノート・レーベル。さすがはアルフレッド・ライオン。狙いを絞った、素晴らしい意図のあるライブ盤によって、ジミー・スミスはジャズ・オルガンの祖となったのである。

 
 

震災から3年6ヶ月。決して忘れない。まだ3年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 圧倒的演奏力なジャズロックです | トップページ | こんなアルバムあったんや・36 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57606838

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・オルガンの祖となった。:

« 圧倒的演奏力なジャズロックです | トップページ | こんなアルバムあったんや・36 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ