« 久々に「芳しきブラスの響き」 | トップページ | 「私小説ポップス」に思わず唸る »

2014年10月10日 (金曜日)

このアルバムの邦題は『夢魔』

David Sanborn『Voyeur』(写真左)。1981年のリリース。大学前の行きつけの喫茶店で「耳タコ」になるくらいに聴きまくった、デイヴィッド・サンボーンの傑作である。

「Voyeur」の直訳は「窃視症の人、性的な面でのぞき趣味の人」。このアルバムの邦題は『夢魔』。なんで「夢魔」なのかは謎である(笑)。

前作『Hideaway』で、サンボーンの音楽性を確立し、アルバムもヒットした。ソフト&メロウなフュージョン・ジャズを基本としながら、サンボーンの意外と硬派でハードなブロウを展開している、魅力的な傑作であった。そして、この『Hideaway』の後、この『Voyeur』=『夢魔』の登場である。

ソフト&メロウなフュージョン・ジャズを基本としながら、結構、ハードなブロウを展開してきたサンボーンが、この『夢魔』では、少し落ち着いたブロウを展開していて、アルバム全体の演奏のトーンとしては、1981年のリリースでありながら、後の「スムース・ジャズ」の萌芽の様な音作りとなっている。

パーソネルを見渡すと、このアルバムのフュージョン・ジャズとしての優秀さは当然のことの様に思える。David Sanborn (as), Marcus Miller (b), Hiram Bullock (el-g), Steve Gadd (ds), Lenny Castro (per), Buzzy Feiten (el-g, ac-gu), Buddy Williams (ds), Tom Scott (fl, ts), Michael Colina (OBX-syn)。
 

Sanborn_voyeur

 
リズム・セクションは、ベースにマーカス・ミラー、ドラムのスティーブ・ガッド。そして、ギターにバジー・フェイトン、ハイラム・ブロックといった強者ギタリストを揃える。特に、このアルバムでは、ベースのマーカス・ミラーがチョッパー弾きまくりの格好良さ。縦ノリのガッドのドラムも心地良いビートを叩き出す。

特に、7曲目の「Just for You」は、マーカスのローズとサンボーンのサックスのデュオ。美しい曲。短いのが玉に瑕ではあるが、とても美しい。フュージョン・ジャズの到達点を聴く様だし、ソフト&メロウを前面に押し出した、後のスムース・ジャズの出発点とも言える音の雰囲気。こういう曲をラストにちょこっと置いているところなんぞ、このアルバムは隅に置けない。

リリース当時は、こんな垢抜けたフュージョン・ジャズは聴いたことが無く、大学前の行きつけの喫茶店で、毎日一回は聴いていました。それほど、聴き直す度に、いろいろと新しい魅力が聴こえてきて、全く飽きが来ませんでした。最後には、それぞれの曲のアドリブ・ラインまで口ずさめる位の「耳タコ」アルバムでしたが、決して飽きませんでした。

アルバム全体の収録時間がちょっと短いのが難点ですが、アルバムの内容としては、フュージョン・ジャズを代表する内容が詰まっているフュージョン・ジャズの傑作の中の一枚と言って良いでしょう。

バック・ミュージシャンのバックアップも良好で、グループ・サウンドとしても秀逸の出来だと思います。フュージョン者の方々にお勧めの一枚です。逆に、フュージョン者の方々だったら、既にお持ちですかね。良いアルバムです。

 
 

災から3年6ヶ月。決して忘れない。まだ3年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 久々に「芳しきブラスの響き」 | トップページ | 「私小説ポップス」に思わず唸る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このアルバムの邦題は『夢魔』:

« 久々に「芳しきブラスの響き」 | トップページ | 「私小説ポップス」に思わず唸る »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー