最近のトラックバック

« フリーとソウルが渾然一体です。 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・34 »

2014年10月 2日 (木曜日)

グルーシンの最初のピークである

フュージョン時代、僕は二人のキーボード奏者がお気に入りだった。この二人は優れたマルチ・キーボード奏者であり、作曲家でありアレンジャーであり、プロデューサーである。その二人とは、ボブ・ジェームス(Bob James)とディブ・グルーシン(Dave Grusin)。
 
ボブ・ジェームスは高校1年生の頃から、ディブ・グルーシンは大学2回生の頃から。二人については、約35年から40年の付き合いになる。そう思って振り返ると、いや〜長い付き合いやな〜。と言うことで、今日は、Dave Grusin『Out of The Shadows』(写真左)を聴く。
 
1982年、グルーシン主宰のGRPレーベルからのリリース。1977年の『One of a Kind』から、フュージョン・ジャズまっしぐら。その優れたキーボード・テクニック、その優れた作曲&アレンジ能力、そして、プロデューサーとしての素晴らしいセンス。それらを総動員して『Mountain Dance』という傑作をリリース。
 
そして、この『Out of The Shadows』は、その傑作の後、グルーシンの最初のピークを捉えたアルバムである。このアルバムには、グルーシンの個性のひとつ、キーボードの特徴的なフレーズ、音の重ね方、アドリブの弾き回し、まず、グルーシンのキーボード奏者としての個性がギッシリと詰まっている。

 

Out_of_the_shadows

 
加えて、シンセサイザーの扱い方が上手い。フュージョン・ジャズの世界で、シンセサイザーを扱わせ、弾かせたら、このグルーシンが一番クールだと僕は思う。このアルバムには、その趣味の良いシンセサイザーのフレーズが要所要所に散りばめている。
 
そして、グルーシンのコンポーザー&アレンジャーの特徴がギッシリと詰まっている。どの曲も暫く聴いていると、グルーシン作の曲の、グルーシンのアレンジの特徴に出くわす。そして、ああこれはグルーシンの曲だ、グルーシンのアレンジだ、と判りワクワクする。
 
前作の傑作『Mountain Dance』からはジャジーな感覚は後退して、スムース・ジャズの走りの様な音作りになっているが、聴き易さの中に、グルーシンのキーボード・テクニック、作曲&アレンジ能力、プロデューサーとしての素晴らしいセンスが散りばめられていて、フュージョン・ジャズの成熟した音として、聴き応え十分である。
 
良いアルバムです。フュージョン・ジャズの完成形のひとつとして、十分に楽しむことができる、実に優れたアルバムだと思います。特に、フュージョン・ジャズのマニアの方にはお勧め。
 
しかし、このアルバム・ジャケットのデザインだけはなあ。グルーシンの写真がドカッと載っていて、デザインのセンスも何もあったもんでは無い。いかに米国のアルバム・デザインとは言え、いかにフュージョン・ジャズのアルバムとは言え、この凡百なデザインには困った者である。これだけが減点材料(笑)。
 
 
 
震災から3年6ヶ月。決して忘れない。まだ3年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« フリーとソウルが渾然一体です。 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・34 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57557629

この記事へのトラックバック一覧です: グルーシンの最初のピークである:

« フリーとソウルが渾然一体です。 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・34 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ