« 耳休めをしたくなった時は・・・ | トップページ | 惜しいな〜、この2枚組のアルバム »

2014年9月 9日 (火曜日)

驚愕の「アグレッシブなオルガン」

ジャズ・オルガンと言えば「ムーディー」という雰囲気がするが、意外といずれのジャズ・オルガンも「アグレッシブ」である。特に、ジャズ・オルガンの祖である、ジミー・スミス(Jimmy Smith)は、そんな中、とびきりアグレッシブである。1956年2月の録音。

そんな思いっきり尖ったアグレッシブさを感じることができるアルバムがこれ。ジミー・スミスのデビュー・アルバム。ブルーノートの1512番。『Jimmy Smith At The Organ, Vol.1 - A New Sound-A New Star』(写真左)である。

これがまあ、凄まじいばかりのアグレッシブなオルガンなのだ。昔、EL&Pのロック・キーボーディストとして名を馳せたキース・エマーソンが、注目するオルガニストとして、このジミー・スミスの名を挙げていた様な思い出がある。ジミー・スミスのオルガンは凄い、と。攻撃的でハイテクニックで凄い、と。

ふ〜ん、そうなんや、と手にして聴き始めて、冒頭の「The Way You Look Tonight」の前奏からのアグレッシブさにビックリ。真からビックリした。「驚愕」の一言である。もともとこの「The Way You Look Tonight」という曲はムーディーで柔らかい曲である。それを、思いっきりオルガンを弾き倒して、思いっきりアグレッシブな曲に変身させた。

以降、ジミー・スミスのオルガンは、ただただアグレッシブにダイナミックに疾走していく。ピアニッシモからフォルテッシモまで、オルガンの音のダイナミック・レンジが凄く広い。オルガンでこれだけダイナミズムを表現出来るオルガニストはそうそうにいないだろう。
 

Jimmy_smith_vol1

 
ちなみにこのアルバムのパーソネルは、Jimmy Smith (org), Thornel Schwartz (g), Bay Perry (ds)。オルガンは、オルガンのベースペダル鍵盤または低音の手鍵盤でベースライン弾くことが出来るので、基本的にグループの中にベーシストは存在しない。が、ギター、ドラム共に、知名度の低いミュージシャンである。

あまりにジミー・スミスのオルガンが全面に出て、前に出過ぎるので、ギターとドラムはリズム・キープに徹している。ギターは時にソロを取ることはあるが、それはあまり誉められたソロでは無い。それでも、きっとオルガンのジミー・スミスからすると、この無名に近いギターとベースがジミー・スミスにとっては気心知れた間柄であり、好きにオルガンをプレイしてもトラブルにならない二人なんだろう。

とにかく、このアルバムは、突出した表現力、凄まじいばかりのアグレッシブさ、広大なダイナミックレンジという、ジャズ・オルガンの祖、ジミー・スミスのオルガンを心ゆくまで堪能できるアルバムです。とにかく刺激は強いです。うっかりしていると「やられます」(笑)。

当時、ブルーノート・レーベルお抱えの録音技師、ルディ・バン・ゲルダーは、この広大なダイナミックレンジを誇る、このジミー・スミスのオルガンを上手く録音し、リマスタリングすることが出来なかった。それほどまでにこのジミー・スミスのオルガンのダイナミックレンジは広大なのだ。

そして、このデビュー盤が録音されて1ヶ月半後。1956年3月27日にリベンジの録音をすることになる。いやはや、凄まじきはジミー・スミスのオルガンである。
 
 
 
震災から3年5ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 耳休めをしたくなった時は・・・ | トップページ | 惜しいな〜、この2枚組のアルバム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕の「アグレッシブなオルガン」:

« 耳休めをしたくなった時は・・・ | トップページ | 惜しいな〜、この2枚組のアルバム »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー