最近のトラックバック

« さすがBN、ブラウニーが輝く | トップページ | 僕は「旗のシルバー」と呼ぶ »

2014年9月29日 (月曜日)

ジョン・コルトレーンの遺作です

ジョン・コルトレーン(John Coltrane)のアルバムの聴き直しも終焉に近づいた。今日は、コルトレーンの遺作『Expression』(写真左)。1967年7月にコルトレーンは亡くなり、9月に同アルバムがリリースされた。

1967年2月15日と1967年3月7日の2つのセッションから成る。タイトル曲の「Expression」は具体的な日程は判らないが、1967年の春、コルトレーン最後のスタジオ録音とされる。

僕はこのコルトレーンの遺作をジャズ者初心者、ジャズを聴き初めて3年目に聴いた。最初の2曲「Ogunde」と「To Be」においては、コルトレーンは比較的温和で大人しい。しかも「to be」ではコルトレーンはフルートを吹いている。フリーな演奏ではあるが、どこか叙情的な感じがして、ジャズ者初心者でも何とか聴ける。

ちなみにパーソネルは、Pharoah Sanders (fl, piccolo), John Coltrane (fl, ts), Alice Coltrane (p), Jimmy Garrison (b), Rashied Ali (ds)。コルトレーン最後のクインテットである。ファラオ・サンダースがフルートのみに徹しているところが、このアルバムを、他のアルバムと一線を画した静謐さを宿していると感じる所以だろう。

しかし、3曲目「Offering」の後半から、いつもの(?)のコルトレーンになる。馬の嘶きの様な、アブストラクトなブロウ。もはや音楽とは呼べない、感情のおもむくままに吹き続けるフリーなブロウ。さすがに、ジャズ者初心者3年生には辛かったなあ。続く4曲目の「Expression」も相当に激しくフリーキーなブロウで、落ち着いて聴くことは出来なかった。
 

John_coltrane_expression

 
さて、ジャズ者になって36年。今の耳で、この『Expression』を聴いても、ジャズ者初心者の頃の印象は変わらない。さすがに、歳をとって、フリーキーなコルトレーンについても怯むこと無く、しっかりと聴く耳を持つことが出来たのだが、この遺作のコルトレーンも、晩年の馬の嘶きを繰り広げるコルトレーンと変わらない。

しかし、この馬の嘶きの様なブロウは、高速シーツ・オブ・サウンドでフリーなブロウを吹きまくる、テクニック的には凄まじく高度なもので、さすがはコルトレーンと感心することしきりである。コードを細かく分解した「幾何学模様」の様なシーツ・オブ・サウンドが、高速でしかもアブストラクトに展開するのだ。メロディアスとは全く無縁のフレーズになっても仕方が無い。

1967年2月15日と1967年3月7日の録音時には、恐らくコルトレーンは、自分がその5ヶ月後、鬼籍に入るなんてことは、これっぽっちも思っていなかったんだろうと思う。何かを変えよう、何かを残そう、というセンチメンタルな雰囲気は微塵も無い。

しかし、このコルトレーンの遺作『Expression』を聴く度に思うのは、このまま、コルトレーンの命が続いたとして、コルトレーンは何処に行こうとしていたのだろう。コルトレーンの音楽はどういうふうに変貌していったのだろうか。少なくとも、この遺作『Expression』を聴いても、その答えは見つからない。

 
 

震災から3年6ヶ月。決して忘れない。まだ3年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« さすがBN、ブラウニーが輝く | トップページ | 僕は「旗のシルバー」と呼ぶ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57528369

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・コルトレーンの遺作です:

« さすがBN、ブラウニーが輝く | トップページ | 僕は「旗のシルバー」と呼ぶ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ