最近のトラックバック

« アグレッシブなオルガンを極める | トップページ | トレーン逝去8ヶ月前のライブ盤 »

2014年9月15日 (月曜日)

マイルスの薫陶を受けた若き精鋭

昨日から、どうにもこうにも、季節の変わり目で風邪をひいたのか、身体は怠いわ、お腹の調子は悪いわ、で散々な三連休でした。加えて、一昨日は嫁はんの体調不良。よって、一昨日、昨日と当ブログはお休みさせていただきました。今日はなんとか、起きていられる様になったので、ブログを再開です。

散々な3連休でしたが、寝てばかりでは腰が痛くなるばかりなので、ちょっと起きてはCDをディスクに落として、暫く仕掛かっていたブルーノート4100番台のPCオーディオ環境への移行を完了させました。これで、1500番台、4000番台に続いて、4100番台も飛躍的に聴き易く、また、音的にも良い音で聴ける様になりました。

そして、テスト的に聴き始めたのが、Herbie Hancock『Maiden Voyage』(写真左)。邦題『処女航海』。1965年3月15日の録音。ブルーノートの4195番。ちなみにパーソネルは、Herbie Hancock (p), Freddie Hubbard (tp), George Coleman (ts), Ron Carter (b), Tony Williams (ds)。マイルス・スクールで、直接、帝王マイルスの薫陶を受けた(ハバードは除く)若き精鋭達で構成されたクインテット。

聴けば判るのだが、このアルバムの演奏は、マイルス・デイヴィスとギル・エバンスが仕掛けた「モード・ジャズ」の典型的な成果として有名なアルバムである。マイルス楽団でマイルスの薫陶を受け、モード・ジャズを「我が物」にした精鋭部隊が、親分のマイルスの下から離れて、若手だけでクリエイトしたモーダルなジャズ。

収録された5曲は全てハービー・ハンコックの作で、モード・ジャズを十分に理解したハービーが存分にペンを振るって、モード・ジャズの代表的な名曲を「ものにしている」。収録曲は以下の通り。

1. Maiden Voyage
2. The Eye of the Hurricane
3. Little One
4. Survival of the Fittest
5. Dolphin Dance
 

Maiden_voyage

 
4曲目の「Survival of the Fittest」は短編組曲風の「難曲」みたいで、なかなか他のジャズメンに演奏されることは無いのだが、1曲目の「Maiden Voyage」、2曲目「The Eye of the Hurricane」、3曲目の「Little One」、そしてラストの「Dolphin Dance」、それぞれがミュージシャンズ・チューンとして、様々なジャズメンに演奏されていて、特に「Maiden Voyage」と「Dolphin Dance」はスタンダード化していますね。

この収録曲のタイトルを見ると、「処女航海」「台風の目」「かわいいやつ」「適者生存」「イルカのダンス」と海をテーマにしていることが判ります。こういうアルバムのテーマ性というのも、当時のジャズでは珍しくて、この『Maiden Voyage』というアルバムは、そのアート性に関しても素晴らしいものがあります。

演奏の内容としては申し分ありません。このパーソネルですよ。悪い訳がありません(笑)。モード・ジャズを「我が物」にしたメンバーが存分にその能力を発揮しています。特に、フロントではジョージ・コールマンが大健闘しています。マイルスの下ではちょっと萎縮した感じの演奏でしたが、ここでは伸び伸びと吹きまくっています。

それから、これは凄いな〜と感心したのが、トニー・ウィリアムスのドラミング。特に、シンバル・ワークは尋常ではありません。凄い切れ味とスピードのスティック捌きで叩きまくります。PCオーディオの環境では、スピーカーから「シュワンシュワン」と凄まじい音がします。これだけ柔軟で細かいピッチで、フロントのモーダルな演奏をコントロールし支えている訳ですね。凄いです。

さすが名盤の誉れ高い『Maiden Voyage』、いつ聴いても新しい発見があって、全く飽きません。このアルバムは、今から38年前、僕がジャズ者初心者ホヤホヤの頃、始めの10枚の中に入っていました。印象的でキャッチャーな旋律を持った曲ばかりなので、ジャズ者初心者の方々にもお勧めです。モード・ジャズとは何か、を体験するにも良いアルバムでしょう。

 
 

震災から3年6ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« アグレッシブなオルガンを極める | トップページ | トレーン逝去8ヶ月前のライブ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57384900

この記事へのトラックバック一覧です: マイルスの薫陶を受けた若き精鋭:

« アグレッシブなオルガンを極める | トップページ | トレーン逝去8ヶ月前のライブ盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ