最近のトラックバック

« ジョン・コルトレーンの遺作です | トップページ | フリーとソウルが渾然一体です。 »

2014年9月30日 (火曜日)

僕は「旗のシルバー」と呼ぶ

ブルーノート・レーベルには、ブルーノート御用達の「ハウス・ミュージシャン」が幾人かいる。ピアノのホレス・シルバーも、そんなブルーノート付きのジャズメンの一人。長年、デビュー当時から、ブルーノート・レーベルからリーダー作をリリースし続けた。

そんなホレス・シルバーの個性を、ブルーノートのオーナー&プロデューサーのアルフレッド・ライオンは十分に理解し、ブルーノートからリリースするアルバムは全て、その時点その時点でのホレス・シルバーの個性を最大限に表現されていて、どれもが聴き応え十分である。

例えば、Horace Silver『The Stylings Of Silver』(写真左)。ブルーノートの1562番。国連ビルの前でのポーズをとった、当時としては珍しいカラー写真のジャケットを見ても、ライオンがどれだけ、ホレス・シルバーを買っていたかが判るというもの。加えて、ホレス・シルバーの人気のほどが判るというもの。

ブルーノートのアルバムについては、そのタイトルがその内容をズバリ表しているものが多く、このアルバムのタイトル「The Stylings Of Silver」もそんな秀逸なタイトルのひとつ。「シルバーのスタイル(型)」。確かに、このアルバムには、ホレス・シルバーの個性がギッシリと詰まっていて、ホレス・シルバーのピアノ、アレンジ、作曲センスがしっかりと理解出来る内容となっている。
 

The_stylings_of_silver

 
1957年5月の録音。Art Farmer (tp), Hank Mobley (ts), Horace Silver (p), Teddy Kotick (b), Louis Hayes (ds)。まだ、シルバーがパーマネントなグループを持つ前、シルバーの曲、ピアノ、アレンジに合ったミュージシャンを選んで、セッションに臨んでいる。

どの曲もどの曲も、判り易い切れ味の良いテーマ、軽快にスイングするお洒落な4ビート、クールに畳みかけるようなファンクネス。 ユニゾン&ハーモニーは、どこから聴いてもそれと直ぐ判る、クールでお洒落なシルバー節。激しさとは無縁のクールで印象的なアレンジ。

フロントを張る、柔らかでメロディアスなファーマーのトランペットとモブレーのテナーが、シルバーのピアノをバックに、心地良く気持ち良く響く。シルバーの曲にアレンジに、このファーマーのトランペットとモブレーのテナーが良く合う。プロデューサーのアルフレッド・ライオンの慧眼恐るべし、である。

いろいろなニュアンスや表情の曲が並んでいて、聴いていてとても楽しい。ハードバップの良い部分ばかりが詰まっていて、ハードバップ入門としてもこのアルバムはお勧めである。

国連ビルの階段に佇むシルバーが実に格好良い。万国旗のハタメキ加減、少しくすんだレトロなカラーの色調、むっちゃクールでお洒落である。このジャケットの印象とピッタリの演奏の数々。僕は、このアルバムに敬意を払って「旗のシルバー」と呼ぶ。

 
 

震災から3年6ヶ月。決して忘れない。まだ3年6ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジョン・コルトレーンの遺作です | トップページ | フリーとソウルが渾然一体です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57538728

この記事へのトラックバック一覧です: 僕は「旗のシルバー」と呼ぶ:

« ジョン・コルトレーンの遺作です | トップページ | フリーとソウルが渾然一体です。 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ