最近のトラックバック

« ジミー・スミス初期の傑作です。 | トップページ | 僕とブラウニーの出会いと相性 »

2014年9月22日 (月曜日)

アリスは何が言いたかったのか

コルトレーン晩年の演奏は、徹底的にフリーでアブストラクトで、とにかく聴き通すのにはそれなりの覚悟と体調の良さが必要だ。フリー・ジャズとして聴くのに「お勧めのアルバム」と「お勧めでないアルバム」が混在しており、ジャズ者初心者の時代には、その選り分けに苦労する。

ここに、John Coltrane『Cosmic Music』(写真左)がある。アルバムのリーダー表記はよく「John Coltrane(ジョン・コルトレーン)」単体で紹介されることが多いが、このアルバムは正確に言うと、John ColtraneとAlice Coltraneの双頭リーダーのアルバムになる。

もっと正確に言うと、このアルバムは、コルトレーンの死後に発表された作品で、「Manifestation」「Reverend King」の2曲がコルトレーン生前のセッションの記録で1966年2月の録音。「Lord, Help Me To Be」「The Sun」の2曲は、コルトレーンの逝去後、妻アリス・コルトレーンによって書かれて収録されたもの

ちなみにパーソネルは、John Coltrane (ts, b-cl,1966 recordings), Pharoah Sanders (ts, piccolo), Alice Coltrane (p), Jimmy Garrison (b), Rashied Ali (ds), Ray Appleton (per,1966 recordings), Ben Riley (per, 1968 recordings)。パーカッションは変わるだけで、基本的にはパーソネルは変わらない。コルトレーンの生前、逝去後の違いで、コルトレーンが存在するか、しないかの差はある。

実はその「差」が大きい。コルトレーンの存在している1966年の録音では、明らかにコルトレーンのフリーでアブストラクトな演奏で、その内容的には、僕が感じるのは「可も無く不可も無く」である。晩年のコルトレーンのフリーな演奏は、ちょっとマンネリしていたのでは、と僕は思っていて、その「どこかで聴いたことがある」フリーなフレーズが満載である。
 

Cosmic_music

 
しかし、1968年の演奏は明らかに1966年の演奏とは違う。ファラオの暴力的で激し過ぎるサックスとアリス・コルトレーンのピアノが、かなり「浮いて」いる印象で、コルトレーンの生前のフリーでアブストラクトな演奏と比較すると、激しい割に平板で、激情的ではあるが意外に「響かない」演奏で、聴いていてちょっと辛い。

コルトレーンの演奏は、まだ、ジャズの演奏として、その音を聴く行為、その音を楽しむ行為がギリギリ出来るが(れなりの覚悟と体調の良さが必要だが)、コルトレーンの存在しない演奏は、ジャズの演奏として、その音を聴くことがちょっと辛く、音を楽しむことが出来ない。ここまで激しく暴力的だと、この音を聴くことは「苦行」である。

アリス・コルトレーンは、自らのリーダー・セッションを、亡き夫君のジョン・コルトレーンのセッションとカップリングし、リリースすることで、何を言いたかったのか、何を表現したかったのかがイマイチ判らない。見開きジャケットを見れば、左は宗教、右は政治を表しているように見える。これは何だったのか。ジャズに明らかに思想を持ち込んでいる。

もはや、このアルバムは、ジャズのアルバムでは無く、思想を持ち込んだ、一種宗教的な要素を持ったアルバムである。ジャズとして純粋に耳を傾けるにはちと辛い。コルトレーン生前の演奏については、コルトレーンのディープなファンにとっては一度は聴いておくべき演奏だろうが、一般のジャズ者の方々は、無理をして聴く類のものでは無い。

コルトレーンのアルバムの聴き直しについては、このアルバムを最後にするべきアルバムではあるが、アリス・コルトレーンによって「加工された」このアルバムは、純粋にコルトレーン・ジャズとしては聴くことの出来ない、実に困ったアルバムである。

 
 

震災から3年6ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジミー・スミス初期の傑作です。 | トップページ | 僕とブラウニーの出会いと相性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57459505

この記事へのトラックバック一覧です: アリスは何が言いたかったのか:

« ジミー・スミス初期の傑作です。 | トップページ | 僕とブラウニーの出会いと相性 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ