最近のトラックバック

« マイルスの薫陶を受けた若き精鋭 | トップページ | カークの初リーダー盤は初々しい »

2014年9月16日 (火曜日)

トレーン逝去8ヶ月前のライブ盤

ジョン・コルトレーンが亡くなったのは1967年7月17日。今年で37年になる。それでも、突如として未発表音源が発掘されたり、既発の音源を充実させ、リマスタリングしてリイシューしたりで、まだまだ新しいアルバムが出てくる。凄いなあと単純に感心してしまう。 

今年は2014年。21世紀になって10年以上が経過した。最近では、ジョン・コルトレーンの人気も以前ほどでは無いのでは、とも思うんだが、今年もまたまた、ジョン・コルトレーンのライブ音源がリイシューされた。そのライブ盤の触れ込みが「ジョン・コルトレーンの貴重発掘ライヴ音源盤『At Temple University 1966』が完全版で再登場」。

改めて、John Coltrane『Offering: Live At Temple University』(写真左)。1966年11月11日に米フィラデルフィアのテンプル大学で開催したコンサートの模様を収録したもの。逝去の8ヶ月前の演奏になりますね。以前のリリースはフルセット音源では無かったそうで、今回はこの「フルセット音源」が売り。CD2枚組のボリュームでのリイシューです。

全編、アブストラクトなフリーキー・コルトレーンです。とにかく、徹底的にフリーに吹いていて、フリー・ジャズが苦手な人には絶対にお勧めしませんし、ジャズ者初心者の方々にも、このライブ盤はお勧めしませんね。他にもっと良いジャズ盤が沢山あるので、敢えて、このライブ盤に手を出すことはありません。

それでも、冒頭の「Naima(ナイーマ)」は、なかなか聴き応えがあります。フリーなコルトレーンの中でも、まだ聴き易い演奏でしょうか。それもそのはず、ファラオが遅れたため、カルテットでの演奏なんですね。このカルテットだけの演奏であれば、まだなんとか我慢して聴けるのですが、ファラオ・サンダースが入ってくると、途端にフリー・ジャズの質が落ちる。
 

John_coltrane_offering

 
ファラオの凶暴で滅茶苦茶なソロが出てくると、思わす「げんなり」する。これはもはや音楽では無い。サックスを使った「叫び」であり「嘶き」である。それが精神の発露であるとか、精神の解放であるとか、いろいろと捻くれた理屈をつけることは可能だろうが、これは音楽では無い。

少なくとも、子供に聴かせたら、皆、一様にそっぽを向く。この「嘶き」を快く聴くことが出来るのは、捻くれた理屈好きの大人だけだろう。僕は、なぜ、コルトレーンはこのファラオを採用し、共に演奏しつづけたのかが判らない。確かに、ファラオの暴力的で無味乾燥な無茶苦茶なソロを聴けば、コルトレーンのフリーキーなソロがまだ穏やかに聴こえるが、そんな対比の為に使い続けた訳でもあるまい。

まあ、コルトレーンもファラオも体力の続く限り、アブストラクトに激しくグロテスクに、思いっきりフレーズ無きフレーズを吹き続けるわけだが、それが音楽として成立するんだろうか。宗教の苦行として解釈すれば、それはそれで「あり」なんだろうが、この演奏は、基本的に「ジャズ」であり「音楽」であるはずだ。

しかも、「Leo」では2回、最後の「My Favorite Things」では1回、なんとコルトレーンの歌声が聴かれる。「Leo」の2回目と「My Favorite Things」では胸板をたたいてトレモロまでしてしまっている。う〜む、ここまで来ると、もう良く判らん。

ファラオの暴力的でグロテスクでアブストラクトなソロ、コルトレーンのゴリラの様な歌声。スピリチュアルと言えば聞こえは良いが、これが「鑑賞の為の音楽」かと言えば、これは違うだろう。コルトレーンの最晩年の演奏を擬似体験するのには格好のライブ盤だが、普通のジャズ・ファンの方々には無縁の音源だろう。

しかし、この演奏は、コルトレーン逝去の8ヶ月前のライブ録音。この圧倒的にアブストラクトな演奏を聴くにつけ、コルトレーンって、この演奏の8ヶ月後にあの世に旅立つなんて、これっぽっちも思っていなかったんだろうな、と思う。

 
 

震災から3年6ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« マイルスの薫陶を受けた若き精鋭 | トップページ | カークの初リーダー盤は初々しい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57395755

この記事へのトラックバック一覧です: トレーン逝去8ヶ月前のライブ盤:

« マイルスの薫陶を受けた若き精鋭 | トップページ | カークの初リーダー盤は初々しい »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ