最近のトラックバック

« 驚愕の「アグレッシブなオルガン」 | トップページ | これまた惜しいLP二枚組ライブ盤 »

2014年9月10日 (水曜日)

惜しいな〜、この2枚組のアルバム

1970年代、LPレコードの時代、LP2枚組のアルバムは、かなり高価な代物だった。1970年代後半は、日本盤LP1枚が2,300〜2,500円、LP2枚組は3,800〜4,500円程度。どう見たって高い。喫茶店で珈琲一杯が250円の時代である。だから、学生の身分で、内容を聴いたことの無いLP2枚組を購入することは、かなり思い切った「ギャンブル」だった。

ここに、Sonny Rollins『Don't Stop the Carnival』(写真左)というアルバムがある。1978年4月、サンフランシスコのthe Great American Music Hallでのライブ録音。堂々のLP2枚組のライブ盤である。1978年当時と言えば、僕はちょうど大学に入ったばかり、そして、ジャズに出会ってジャズを聴き始めた、思いっきり「超初心者」のジャズ者であった。

このアルバムのパーソネルは、Sonny Rollins (ts, ss), Mark Soskin (p, el-p), Aurell Ray (el-g), Jerome Harris (el-b), Tony Williams (ds), Donald Byrd (tp, flh)。見渡せば、ジャズ入門本に「ジャズ・ジャイアント」として出てくる、ドラムのトニー・ウィリアムスとトランペットのドナルド・バードが名を連ねている。他のジャズメンは知らないが、それはまだ、ジャズの知識が足らないが故だと思っていた。

他ならぬ、テナータイタンのソニー・ロリンズの当時の新譜である。大枚叩いて購入した。ギャンブルである。そして、聴いた。冒頭の「Don't Stop the Carnival」での豪快なロリンズのブロウに、ジャズ者初心者の僕は大満足。迫力満点、カリプソなロリンズのブロウがキャッチャーで良い。

冒頭から暫くは、ロリンズ充実のブロウが続き、これはなかなかと感じ入る内容。が、ミックスの問題なのか、ピアノとギターが弱々しくて「何してんねん」とちょっとイライラし出す。せっかく、ロリンズは好調に吹き上げているのに、どうにもこのピアノとギターがいけない。
 

Dont_stop_carnival

 
加えて、トランペットのドナルド・バードを全面にフィーチャーした曲が数曲有り、これがどうにも「???」な内容なのだ。少なくとも、このドナルド・バードのトランペットは、このアルバムの内容に全く寄与していない。凡百な出来と言って良い。

ドラムのトニー・ウィリアムスとの化学反応も期待したが、どうも、トニーとロリンズの相性はあまり良くないみたい。豪快に吹きまくるテナーに対して、トニーは絡む切っ掛けが見いだせず、ドタバタドタバタ叩くだけで、ロリンズとのコラボレーションを築けずに、アルバム2枚組が終わってしまう。

最初の4曲目までのロリンズはまずまずなんで、この2枚組のアルバムは実に惜しい。LP2枚組でリリースする意味があったのか、と訝しく思います。ロリンズの好調な曲だけをチョイスして、LP1枚ものでリリースした方が良かったのでは無いか、と思います。

よって、この『Don't Stop the Carnival』というアルバムの僕の評は「惜しいな〜、この2枚組のアルバム」。ロリンズ者にとっては手に入れなければならない盤ですが、一般にはもっと他に、聴き応えのあるアルバムがあります。無理に入手する必要は無いと思います。 

ちなみに、今ではこのアルバム、輸入盤CDで、1,000円を切る価格で手に入れる事ができます。良い時代になったというのか、LP時代の日本盤の価格設定ってなんだったんだろう、なんてふと思ったりします。まあ、良い時代になったんでしょうね、きっと・・・。

 
 

震災から3年6ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 驚愕の「アグレッシブなオルガン」 | トップページ | これまた惜しいLP二枚組ライブ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57333283

この記事へのトラックバック一覧です: 惜しいな〜、この2枚組のアルバム:

« 驚愕の「アグレッシブなオルガン」 | トップページ | これまた惜しいLP二枚組ライブ盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ