最近のトラックバック

« なんだか一貫性の無いアルバム | トップページ | 南佳孝の尖ったアレンジとサウンド »

2014年8月23日 (土曜日)

米国南部のディブ・ブルーベック

ディブ・ブルーベック・カルテットは、様々な企画モノのアルバムを多く出しているのだが、米国南部のルーツ・ミュージックを素材にしたアルバムを2枚出している。この2枚のアルバムは、米国南部のトラディショナルを中心に構成されており、米国南部好きには堪えられない内容になっている。

一枚は、8月4日のブログ(左をクリック)でご紹介した、1959年4月録音のDave Brubeck『Gone With The Wind』。もう一枚がこれ。Dave Brubeck『Southern Scene』(写真左)。1959年9月の録音。ちなみにパーソネルは、鉄壁の4人。Eugene Wright (b), Joe Morello (ds), Dave Brubeck (p), Paul Desmond (as)。

1959年と言えば、あの変則拍子の名盤『Time Out』が1959年6月の録音だから、ディブ・ブルーベック・カルテットというのは、1つの音世界に拘っていないのが判る。

ただ、この米国南部のルーツ・ミュージックを素材にした演奏は、なかなか楽しかったのだろう。1959年4月に『Gone With The Wind』を録音して、半年も経たずにその続編『Southern Scene』を録音している。そう、確かに聴いていても楽しい。今までのどこかで聴いたことのある響きの米国ルーツ・ミュージックが採用されアレンジされている。
 

Dave_brubeck_southern_scene

 
しかしながら、このディブ・ブルーベック・カルテットの米国南部のルーツ・ミュージックを素材にした企画盤2枚は、日本ではほとんど紹介されずに来た。もともとディブ・ブルーベックがジャズ・ピアニストとして、あまり日本では人気が無い(米国では大人気だったらしい)。よって、この米国南部のルーツ・ミュージックを素材にした企画盤2枚は単品で入手することも難しい。

今ではiTunes Store などのダウンロード・サイトで購入できるようになったし、他のアルバムもまとめて入手するのであれば『The Dave Brubeck Quartet: The Columbia Studio Albums Collection 1955-1966』(写真右)がある。19枚組だが価格は9000円弱と、一枚当たり470円程度と相当にリーズナブル。この時代のブルーベックは捨て盤無しなので、ブルーベックを極める向きにはお買い得でしょう。

閑話休題。この『Southern Scene』は、ブルーベック・ファン、いわゆる「ブルーベック者」の間では人気盤なんですよね。ブルーベックのアレンジの手腕を十分に楽しめる内容です。アルトのデスモンドも何時になくちょっと硬派に吹き回していますし、ライトのベースは意外とブンブンとタイトな低音を鳴り響かせていて魅力的。ドラムのモレロは叩きまくっています(笑)。

メインストリーム・ジャズなディブ・ブルーベック・カルテットの演奏が聴ける『Southern Scene』。米国南部のルーツ・ミュージックを素材にしているだけに、それぞれの演奏の中に米国南部の雰囲気が満載で、聴いていてとても楽しいですね。米国南部好きには、これまた堪えられない内容になっています。良いアルバムです。

 
 

震災から3年5ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« なんだか一貫性の無いアルバム | トップページ | 南佳孝の尖ったアレンジとサウンド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57165504

この記事へのトラックバック一覧です: 米国南部のディブ・ブルーベック:

« なんだか一貫性の無いアルバム | トップページ | 南佳孝の尖ったアレンジとサウンド »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ