最近のトラックバック

« アモンズの渋い盤をもう一丁 | トップページ | 70年代Jポップの「夏男」その1 »

2014年8月 1日 (金曜日)

ハイ・ファイ・セット知ってる?

1970年代中盤以降、1990年代中盤までの20年間活動した、Jポップのコーラス・グループがあった。男性2人、女性1人の変則コーラス・グループである。その名は「ハイ・ファイ・セット」。グループ名は細野晴臣の発案による。

伝説のフォーク・グループ「赤い鳥」から分かれ出たコーラス・グループである。メンバーは、山本潤子(旧姓、新居潤子)、山本俊彦、大川茂。山本潤子のソプラノ、山本俊彦のテナー、大川茂のバス・ヴォイスによる抜群のコーラスワークが個性の、日本で唯一の混声コーラス・グループであった。 

僕はこのハイ・ファイ・セットが大好きで、デビューアルバムの『卒業写真』から、1970年代のアルバムはコンプリートしている。今は、1980年代のアルバムに手を染め出したところ。とにかく、このグループのコーラス・ワークと洒落たアレンジが魅力。とにかく「お洒落」なコーラスだった。

そんなハイ・ファイ・セットが、ライトなフュージョン・ジャズ風なアレンジを採用し始めたアルバムが2枚ある。1977年にリリースされた『The Diary』(写真左)と1978年リリースの『Swing』(写真右)である。

どちらのアルバムも、ライトなフュージョン・ジャズ風なアレンジを施したものと、従来からの歌謡ポップ風のフォーク・コーラスなアレンジのものと混在しているが、どちらかと言えば、ライトなフュージョン・ジャズ風なアレンジを施した楽曲の方が魅力的である。
 

Diary_swing

 
『The Diary』では、何と言っても冒頭の「恋の日記」である。これがとても魅力的なコーラス曲なのだ。アレンジは、完全にライトなジャズ・コーラス風なアレンジ。しっとりと唄い上げていくこの歌、僕は大好きです。この曲がシングル・カットされて、FMから流れて来た時、次の日には、この『The Diary』というアルバムを手にしていた。

フュージョン・ポップ風の「風の街」も爽やかで良い雰囲気。7曲目の「暖炉でマシュマロ」などは、完全にライト・フュージョン・ジャズなアレンジで、ハイ・ファイ・セットのコーラス・ワークが実に映える。やはり、ハイ・ファイ・セットのコーラス・ワークはライトなジャズに良く似合う。 

『Swing』は、そのタイトルもズバリ、冒頭の「スウィング」が良い。趣味の良い粋なライト・ジャズなアレンジに乗って、ハイ・ファイ・セットのコーラスが実にジャジー。2曲目の「少しだけまわり道」は、ライトなフュージョン・ジャズなバックの演奏がお洒落。

惜しむらくは3曲目の「火の鳥」。この楽曲だけが、当時のニューミュージック風の歌謡ポップなアレンジで、アルバム全体の雰囲気からはちょっと浮いている。この「火の鳥」はシングル・カットにして、ベストアルバムに収録すべきだったのだろう。確かに、山本潤子の歌唱は素晴らしい。しかし、『Swing』というアルバムの雰囲気からはかなり「浮いて」いる。

この2枚のライトなフュージョン・ジャズ風なアレンジをベースとしたハイ・ファイ・セットのアルバムには、大学時代、ジャズ者初心者だった僕は、硬派な純ジャズに聴き疲れた時、耳休め的な位置づけで、大変、お世話になった。特に『The Diary』は、今でも冒頭の「恋の日記」を聴くだけで、胸がきゅんと締め付けられるのだ(笑)。

 
 

震災から3年4ヶ月。決して忘れない。まだ3年4ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。 
 

« アモンズの渋い盤をもう一丁 | トップページ | 70年代Jポップの「夏男」その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/56963633

この記事へのトラックバック一覧です: ハイ・ファイ・セット知ってる?:

« アモンズの渋い盤をもう一丁 | トップページ | 70年代Jポップの「夏男」その1 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ