最近のトラックバック

« 直訳は「高まっていく内なる炎」 | トップページ | 橋本一子、思わず「再評価」です »

2014年8月28日 (木曜日)

前作と表裏一体の「兄弟盤」です

前作の『The Way I fell』は、前半の曲の中で、突如出てくるフリーキーなブロウが惜しい。このフリーキーなブロウが無ければ、他の曲のロリンズのブロウの質の高さから評価して、このアルバムはロリンズの代表作の一枚になったと思うだけに、実に惜しいアルバムであった。

そんな「惜しい」アルバムの次のアルバムが、Sonny Rollins 『Easy Living』(写真左)。1977年8月の録音。ちなみにパーソネルは、Sonny Rollins (ts, ss), George Duke (p, el-p), Tony Williams (ds), Paul Jackson (el-b) が中心。

このアルバムのセッションには、フュージョン畑から、ジョージ・デュークがキーボードで、ポール・ジャクソンがエレクトリック・ベースで参加。特に、ジョージ・デュークは、本来、コッテコテのファンキー&ソウルなキーボードなんだが、このアルバムでは、ロリンズに感化されて、純ジャズ的なアプローチを聴かせるところが微笑ましい。

ポール・ジャクソンは、ハービー・ハンコックの『ヘッドハンターズ』にも参加したコッテコテのファンキー・ベーシスト。このコッテコテなファンキー・ベースもロリンズのバックに回ると、ロリンズのブロウに感化されて、純ジャズ的なアプローチに変身するから、これまた面白い。

ドラムは、なんとあの永遠の天才ドラマーのトニー・ウィリアムス。1960年代のマイルスの黄金のクインテットの一員として一世を風靡した天才である。限りなくフリーでモーダルなドラミングが身上の思いっきり尖ったドラミングが身上なのだが、このトニーもロリンズのバックでは、大人しく純ジャズ的な趣味の良いドラミングに終始するから面白い。

さて、このアルバムのトピックは、何と言っても冒頭の「Isn't She Lovely?」だろう。邦題「可愛いアイシャ」。この曲は、スティービー・ワンダーの名曲で、1976年のヒットアルバム『キー・オブ・ライフ』の収録曲である。
 
 
Easy_living
 
 
このスィートな名曲を、ロリンズは意外とハードボイルドに吹き進めていく。バックも意外とハードボイルドにリズム&ビートを供給していく。この曲の持つスィートな旋律とハードボイルドな演奏とのギャップが意外と「はまる」。しかし、この曲でも、前作と同様、ラストに近づくにつれて、何故だか理解に苦しむのだが、ロリンズのブロウが突如としてフリーキーになる。

またか、と思うのだが、前作よりはそのフリーキーさは抑制されていて、すぐにフェードアウトされていくので、この盤のフリーキーな「逸脱」は我慢できる範囲で留まっている。なんとなくホッとする。

この盤のロリンズは前作と同様、ロリンズが吹くと、全ての演奏が「ロリンズ・ジャズ」になってしまうのだ。この盤でのロリンズは、どこのフレーズをとってもロリンズ。ロリンズが吹くと、途端にロリンズの個性が煌めいて、スティービー・ワンダーの名曲に新たな魅力を加えていくのだ。

そして、この盤の極めつけは、トニー・ウィリアムスのドラミング。マイルスのグループにいた時から、我が強く、ドラミングも限りなくフリーなスタイルに近い、圧倒的な自由度を兼ね備えた複合リズムの使い手なのだが、ロリンズの下では意外や意外、ロリンズ・ジャズに従順に従い、ロリンズを盛り立てる。ロリンズの音にぴったりの、最高に近代的なジャズ・ドラミングを見せつけてくれるのだ。

圧倒的な自由度を兼ね備えた複合リズムの使い手を手なずけ、フュージョン畑のキーボード奏者やベース奏者を純ジャズ化させてしまう。恐らく、他のミュージシャンからすると、ロリンズは神様みたいな存在なのだろう。

前作『The Way I fell』と同様に、バックの演奏の雰囲気は、完璧の当時のトレンドのど真ん中をいくフュージョン・ジャズ。そんなトレンディーなバック・バンドの音を従えながら、ロリンズは思いっきりロリンズらしくテナーを吹き上げていく。これも前作『The Way I fell』と同じ。この『Easy Living』は、前作と表裏一体の「兄弟盤」です。
 
 
 

震災から3年5ヶ月。決して忘れない。まだ3年5ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 直訳は「高まっていく内なる炎」 | トップページ | 橋本一子、思わず「再評価」です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/57213542

この記事へのトラックバック一覧です: 前作と表裏一体の「兄弟盤」です:

« 直訳は「高まっていく内なる炎」 | トップページ | 橋本一子、思わず「再評価」です »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ